« 福田衣里子氏 | トップページ | アイリスオーヤマ »

炭素繊維

自動車用の材料や部材として炭素繊維の

本格採用が始まりそうです。

帝人は今月、米ゼネラル・モーターズ(GM)と
共同開発した炭素繊維の成形加工時間を 
大幅に短縮した新製法の量産技術を確立する
設備を稼働しました。

東レや三菱レイヨンはすでに 海外の市販車向けに
供給を始めているが、帝人の新技術によって
コスト低下競争に弾みがつき、 
量販車への採用も視野に入るそうです。 

自動車メーカーは燃費向上のため車体軽量化を
進めており、一大市場が誕生する可能性がある。 

日本勢が世界シェアの約7割を占める炭素繊維が
自動車用途で先行できれば、さらなる優位性を 
確立できそうです。
炭素繊維は、価格が高かったですからね。
安くできれば、いろいろなところに使えます。

いいことです。

|

« 福田衣里子氏 | トップページ | アイリスオーヤマ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事