« 社民党の退潮 | トップページ | 対中直接投資が減少 »

トヨタの新車販売

トヨタの新車販売が世界一になるようです。

トヨタ自動車が2012年に全世界で販売した
新車台数は、約970万台に達したそうです。
世界1位になる公算が大きいようです。

2位は、米ゼネラル・モーターズ(GM、昨年1位)と
独フォルクスワーゲン(VW、同2位)が競り合っているようです。

実現すれば、トヨタの首位返り咲きは2年ぶりと
なります。
トヨタは、反日デモが起きた中国での販売不振を
受けて、従来の販売計画を10万台引き下げました。

公表されている最新の今年の計画では、ダイハツ工業と
日野自動車を含めたグループ全体での
販売台数は966万台です。

それでも、GMやVWの販売台数を上回り、トヨタの
首位は確実な情勢のようです。

すごいですね。

中国での販売はかなり減少していますが、
全体への影響は少ないのですね。

やっぱり、ハイブリッドが売れているのでしょうね。
これからもトヨタは売れるでしょうね。

|

« 社民党の退潮 | トップページ | 対中直接投資が減少 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事