« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

中国の有害濃霧

中国の有害濃霧がひどいようです。

中国環境保護省が発表しました。

中国で深刻化している有害物質を含んだ
濃霧が日本の国土の3倍以上に当たる
約130万平方キロを包み込んでいるそうです。

北京の病院は大気汚染を原因とする患者に
関する取材を拒否、上部機関から指示が
あったそうです。

同省によると、北京、天津と河北、山東両省で、
6段階の大気汚染指数で最悪の「深刻な汚染」を記録。
吉林省など東北地方や河南、湖北、陝西、四川各省など
内陸部では2番目に悪い「重度の汚染」となったそうです。

大気汚染の主要原因となっているのは車の排ガスなどに
含まれる直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質
「PM2・5」です。

どんどん悪くなっているそうです。
あんなに広大な土地なのに、悪くなるのですね。
健康被害が広がっています。

|

竹島の式典

島根県の主催で2月22日に松江市で
「竹島の日」式典が開かれます。

自民党は28日、小泉進次郎青年局長を
派遣する方向で調整に入ったそうです。

同党は2010年から青年局長が出席しており、
昨年も小泉氏を派遣しました。

今回は同党の細田博之幹事長代行(衆院島根1区選出)も
出席する予定です。

最初は、安倍首相を呼ぶ話もありましたが、
結局、小泉進次郎青年局長を呼ぶのですね。

いいことです。

昨年は、民主党政権だったのに、誰も出席しませんでした。
今年は、自民党ですが、出席します。

これが大事なのです。

領土に対して、毅然とおこなうことが重要です。

民主党はそこがダメだったから、日本はダメに
なりました。

最近の世論調査では、維新の会より支持率が
落ちています。

|

アメリカの自動車市場

米ミシガン州デトロイトで27日まで

北米国際自動車ショーが一般公開されています。
昨年はどのブースでも目立ったエコカー(環境対応車)が、
今年は影が薄いそうです。
今年も各社自慢のハイブリッド車(HV)や
電気自動車(EV)がそれなりに出展されているそうです。
でも、以前ほどメーカー自身が声高に
「エコ」を売り物にする様子がうかがえないそうです。
シェール革命の影響のようです。
世界のエネルギー市場で今、シェール層の
オイルやガスの開発ブームに沸いています。
かなり安く作れるようになっています。
米国の2011年の産油量は日量810万バレルだが、
20年には1110万バレルまで拡大し、20年代半ばまでには
サウジアラビアを抜き世界最大となる見通しのようです。
最大の輸入国が産出国になりますね。
すごい変化です。
世界の石油の需給が根本から変わります。
自動車業界も変わりますね。
でも、日本はやっぱりハイブリッドなのかも知れません。

|

公明党と中国

公明党の山口那津男代表が中国を訪問しています。

最終日にようやく会談が設定されるなど
中国側に翻弄されたそうです。

訪中を首脳会談に結びつける」と意気込んでいた
山口氏の面目は辛うじて保たれたそうです。

中国共産党の習近平総書記が昨年11月の
就任後、初めて会談する日本の政治家として
公明党の山口那津男代表を選んだそうです。

昭和47年の日中国交正常化以来の両党の
長い友好関係が背景にあるそうです。

池田大作の中国共産党のつながりが
あるそうです。

自民党は、公明党との連携は考え直した方が
よいと思いますよ。
公明党の足元をみたのです。
自民党は、公明党に足を引っ張られなければ、
よいですが。

そして、政経分離の原則に反しています。

公明党の母体は創価学会です。
宗教団体です。

おかしいと思いますが。
そして、宗教団体は税金がないのですよ。

きちんと税金を取るべきです。
個人や企業は税金を払っています。

|

日経平均があがる

25日の東京株式市場は、日経平均株価が

前日終値よりも180円近く値上がりしています。
1万0797円30銭で取引が始まりました。
一時1ドル=90円半ばになるなど
円安が一段と進んでいるためです。
輸出関連株を中心に買い注文が優勢に
なっているそうです。
昨日の日本では、88円とか89円でしたが、
アメリカでは、90円になりましたからね。
株価も上がっています。
海外の投資家が買っているのですね。
円も昔のように100円近くになれば
よいですね。
そこで安定すればよいと思いますが。
まだ予断を許しませんが。

|

ウォン高の韓国企業

円安ウォン高で韓国の中小企業は大変のようです。

大韓製糖という会社があるそうです。
大韓製糖は最近の円安のため危機を
迎えているそうです。
同社は毎年、砂糖・食品添加物1300億ウォン
(約100億円)分を日本に輸出しているそうです。

 
しかし最近の急激な円安で年40億ウォンの
損失が出るようです。 

損失を避ける方法はあったようです。
為替変動保険への加入です。

でも入っていないようです。

こんなにウォン高になるとは思っていなかったようです。

韓国の中小企業の商品って他からも買えますからね。

日本の中小企業の製品は日本にしかできないから、
円高でもなんとか生き残ることができました。

でも韓国は違いますからね。

大変だと思います。
問題は、この為替を外国からの投資家が入って
いることです。
韓国政府でできるレベルではありませんね。
大変だと思いますよ。

|

野菜が高騰

寒さで野菜が高騰しているようです。

厳しい寒さで野菜価格が高騰しています。

全国有数の生産地を抱える千葉県内でも、
生育が遅れ葉物を中心に卸売価格が上昇しています。

千葉市内では昨年に比べレタスが1・6倍、
白菜は1・3倍に上がったそうです。

卸売価格は、レタスが330円(1キロ当たり)で
昨年同日比約1・6倍だったそうです。

白菜が67円(同)で同約1・3倍に上昇したということです。

小売価格で見ると、市内のあるスーパーでは
レタスが一玉299円と、昨年同時期に比べ
100円程度上がっているそうです。

生産者や小売店などは少しでも安く提供しようと
知恵を絞るが、本格的に寒さが和らぐ気配はないようです。
家計への打撃は当分続きそうです。

困りますね。
円安で、灯油なども上がっているようです。

でも、灯油は円高の時には安くならなくて何で
円安になったら高くなるのでしょうかね。
よくわかりません。

|

インフルエンザが急増

インフルエンザが急増しているようです。

インフルエンザは昨年12月中旬と比べ、
10倍以上に急増しています。

流行が本格化する一方、昨年末に猛威をふるった
ノロウイルスなど感染性胃腸炎の1医療機関
当たりの患者数は減少しているそうです。

インフルエンザは例年1~2月ごろ流行の
ピークを迎えることから、国立感染症研究所
(感染研)などが注意を呼びかけているそうです。

感染研によると、全国約5千の医療機関から
報告された今年1月7~13日のインフルエンザの
患者数は、1医療機関当たり12・07人でした。

全国的な流行開始の指標である1・00人を
今シーズン初めて上回った昨年12月中旬から
約10倍に増えたそうです。

空気感染ですからね。
どんどん流行します。

うがい、手洗いなどを励行する必要があります。
マスクも必要ですね。

|

シェールガスの輸入

アメリカからシェールガスが輸入されるようです。

関西電力が米国産の天然ガス「シェールガス」の
輸入に向け、米エネルギー企業や国内商社など
複数社と交渉に入ったそうです。

将来的に米国での権益取得も検討するそうです。

関電は原発の停止で、火力発電向けの
燃料費負担が高まり、4月に値上げに踏み切るが、
輸入できれば燃料費の圧縮にもつながりそうだと
いうことです。

原油の輸入が高すぎますね。

円安になっています。
中東からの原油の価格は日本が一番高いですからね。

ガソリン価格も高いです。

シェールガスは、かなり価格が安いようですので
輸入できればよいですね。

日本も自国の資源を早急に開発する必要があります。

|

シャープが黒字

シャープが5四半期ぶりに黒字になるようです。

2月1日に2012年10~12月期決算を
発表します。
営業損益で、当初計画の赤字から
数億円以上の黒字に転じるそうです。

液晶パネルの販売回復や円安の進行などが
寄与したそうです。

12年度下期の営業黒字達成の実現に
弾みがついた形です。

シャープが営業黒字を計上すれば、5四半期
ぶりになるそうです。

12年11月に発表した業績予想では、12年度下期全体で
138億円の営業黒字を見込んだが、10~12月期は
まだ赤字が残る計画でした。

円安の影響が大きいですね。
でも、iPhone5があまり売れていないようですから、
今後も予断を許しませんね。

|

東大の秋入学

東大の秋入学は難しいようです。

東京大の浜田純一学長と、報道各社との
懇談会です。

秋入学への全面移行について、「大学だけではなく、
社会の条件が整わないといけない。事実認識としては
困難だ」と述べたそうです。

理由として、秋に卒業する学生が、翌年まで
医師国家試験を受験できなくなるなど、社会制度の
対応が整っていないほか、春の合格から秋入学までの
半年間、新入生全員が待機を強いられることへの
不安や懸念が学内外に根強いことなどを挙げたそうです。

一方で、浜田学長は「理想はめざしていく」そうです。

そんなのわかっていたことです。
高校が、3月卒業で、東大だけが9月入学だったら、
皆、東大以外に行きます。

卒業も遅れます。
就職もできませんからね。

ただ、留学生を取りたいだけで、9月入学をするなら
やめた方がよいですね。
他の国がやっているからでしょうか。

9月入学の目的って何でしょうか。

|

円安警戒発言

15日に甘利明経済再生相が円安がさらに
進むのを警戒する発言をしました。

株が急落しました。16日の円相場では朝から主要通貨に対して
円が買われ、円高が進みました。

さらに石破茂自民党幹事長が同日午前、経団連幹部との
会談で、円安の悪影響に触れたことが伝わると、円高に
拍車がかかったそうです。

政治家は、もっと責任を持って発言してほしいですね。

民主党の藤井氏が、円高容認の発言で一気に、
円が80円になりました。

それと同じです。

100円くらいの円安になれば、発言してもよいですが、
89円では、あまり発言してほしくないですね。

投資家が、一喜一憂します。

もっと慎重に発言する必要があります。

|

ドイツのGDP

ドイツのGDPが、0.7%に減速したようです。

ドイツ連邦統計庁が15日2012年の実質国内総生産
(GDP、速報値)を発表しました。

成長率は前年比0・7%増でした。

欧州最大の経済大国ドイツは好調な輸出に
支えられて通年でプラスを確保したが、10~12月期は
約0・5%減となる見通しのようです。
くすぶり続ける欧州危機がドイツ経済にも影響を
与えているとの見方が強い。
ドイツ経済は3年連続でプラスだが、2010年の4・2%、
11年の3・0%に比べると、減速しています。

ドイツは、ユーロにいるから、3%近く成長していました。

そのユーロ圏が、金融不安になっています。

かなりの減速ですね。
ユーロ圏が成長しているときはよかったですが、
悪くなると、反対に足かせになります。

一長一短があります。

|

朴槿恵(パク・クネ)次期大統領

朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が日本と中国から
公式的に訪問招請を受けているようです。

どの国を先に訪問するのかに関心が
集まっているそうです。

報道によると、朴次期大統領は10日、早期の
中国訪問を希望するという内容を含む、
習近平総書記の親書を、特使の張志軍外務次官を
通じて受けたそうです。

これに先立ち4日には、安倍晋三日本首相の
特使である額賀福志郎韓日議員連盟幹事長も
「安倍首相が早期に朴次期大統領と会うことを
希望している」と述べ、訪日を要請したそうです。

朴次期大統領も大変ですね。
ウォン高で、経済も悪くなっています。
国内の格差問題もあります。

外交でも板挟みです。

本当にリーダーシップがあるのでしょうかね。
正念場ですね。

韓国は、今後のかじ取りが難しくなります。

|

中国の大気汚染

中国の各都市で、深刻な大気汚染が続いているようです。

車の排ガスや建設現場などから出る
有害物質を含んだ濃霧がたちこめ、北京市当局は
住民に外出を控えるよう呼びかけたそうです。

呼吸器を痛めて病院を訪れる人が増えて
いるということです。
健康に影響を及ぼすレベルのようです。

北京では12日以来、濃霧の影響で見通しが悪く、
航空便が遅れたり、高速道路が一時封鎖されたり、
一般の道路でも渋滞したりしているそうです。

専門家によると、この濃霧が有害物質が
拡散するのを封じ込めてしまい、大気汚染が

深刻化したようです。

でも、拡散したら日本に飛んできますから。
拡散しない方がよいですが。

それにしても異常ですね。
経済ばっかりに目を向けていたので、

弊害が出ています。
ここで、止めないと人間が住めなくなりますね。

|

ノキアのスマートフォン

ノキアのスマートフォンLumiaです。

昨年の春に「Lumia 900」が、9月には
「Lumia 920」がリリースされました。

動画撮影がすごいとか、白黒のiPhoneの世界に
カラフルなボディだそづえす。
売り上げもまずまずのようです。

予想以上の売り上げで、第4四半期の売り上げ
台数は、なんと44万台だったそうです。
第3四半期の290万台と比較して大きなアップです。

アップルは、2012年の第3四半期にiPhoneを
2700万台を売り上げていいます。

ノキアとしては、まだ少ないですね。
これからが正念場です。

アップルやサムスンなどに追いつくでしょうかね。

|

韓国初のロケット

韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」の
3度目の打ち上げが、早ければ今月末にも
行われるようです。

李周浩(イ・ジュホ)教育科学技術部長官は
10日、記者懇談会を行いました。

現在の日程を考えると、早ければ今月末、
遅くとも来月初めに羅老を打ち上げられるそうです。

12-13日にロシアの科学者が入国し、
航空宇宙研究院の専門家と技術協議をする予定のようです。

何度も打ち上げを延期しています。
打ち上げの直前でやめています。

今回は、打ち上げるでしょうか。
ロシアからいろいろな技術を受けています。

やっぱり、自国だけで開発することを考えた
方がよいと思いますよ。

韓国の欠点は、企業でも同じですが、他の国の
技術や人材でおこなうことです。

いつまでも、自国の技術が伸びませんね。

|

ボーイング787

ボーイング787にトラブルが出ていますね。

日本航空(JAL)が“B787ショック”に
揺れているそうです。

米国時間の1月8日、JALが運航する旅客機
ボーイング787で、ボストン・ローガン国際空港の
誘導路を走行中に、左翼の燃料タンクから油が
機外に漏れるトラブルが発生しました。

JALのB787型機では、前日7日に別の出火事故が
起こったばかりです。
2日連続でトラブルが起きる異例の事態となったそうです。

同じローガン国際空港で起きた7日の出火事故が
問題のようです。

地上に駐機中、尾翼に備えられた、飛行機に
電力を供給する補助動力装置(APU)のバッテリー付近から
出火が発生したそうです。

納入自体、昨年の12月下旬にされたばかりの
新品であり、ボーイング社側の問題であるという
見方が強いそうです。

納期にいろいろ問題があったそうです。
でも、新品でトラブルがあったら困りますね。
大きな事故が起こらなければよいですが。

|

補正予算

政府は2012年度補正予算を出すそうです。

12兆円規模とする方向で調整しているようです。

内訳は経済対策で9兆円から10兆円、
年金の国庫負担分が2.6兆円です。

財源は11年度決算剰余金と12年度の国債費の
不要分を充てるが、不足分については国債発行で賄うそうです。

国債の増発は5兆円超となる見通し。

関係筋によると、補正予算については、各省庁の要望を
取りまとめた上で最終調整が行われ、11日までに
額が積み上がる可能性もあるとそうです。

自民党は、早いですね。

民主党は、全然進みませんでしたが。

景気対策は待ったなしですからね。
どんどんやって欲しいですね。

|

安倍首相の訪米

1月の安倍首相の訪米が難しくなるそうです。

朝日新聞の記事です。

安倍晋三首相の1月中の訪米が困難な情勢になった。
2期目を迎えるオバマ米大統領の多忙さに加え、
早期の首脳会談では成果も乏しいと見られるからだ。
外務省の河相周夫事務次官は7日にも訪米し、
米政府高官らに安倍内閣の外交方針を説明したうえで、
改めて会談日程を調整する。

今日のNHKでは、
オバマ大統領が、財政の崖の対応や就任式があるので
忙しいそうです。
成果が乏しいなんて言っていませんでした。

就任したばっかりで、成果なんかあるわけが
ありません。

普通は就任したらいろいろな国に行くのが
当たりまえなのです。

就任した挨拶でこれからどうしようかを話に
いくのですよ。
日米の問題です。
民主党で、日米同盟が悪くなりましたらね。

いくら自民党や安倍首相が嫌いでも、朝日新聞も
もっときちんを記事を書くべきですね。
本当に馬鹿な朝日の記者です。

|

日経平均が続伸

日経平均は大幅に続伸しました。

米「財政の崖」問題の回避に伴う、連休中の
海外株高や ドル・円の円安進行が追い風となっています。

2013年は景気敏感株を中心に全面高で
スタートしました。

買い一巡後はやや伸び悩んだものの、
金融関連や自動車株の強い動きが
牽引する形で、日経平均は1万600円台での
堅調推移が継続しています。

円安も進んでいます。
円安を好感しているのもありますね。

日本の産業を牽引している自動車などが
よくなりますね。
自動車業界はすそ野が広いですから、
日本の景気にもよい影響が
出ると思います。

|

今年はLTEが普及

今年はLTEが普及するようです。

LTEは「ロング・ターム・エボリューション」の略称です。 
現在主流の「3G(第3世代)」の最大10倍近い

高速通信が可能で「第3.9世代」とも呼ばれています。

携帯電話業界は、次世代の高速通信規格「LTE」に
対応した端末の標準化が進み、 2013年は名実ともに
「LTE普及元年」となるそうです。

NTTドコモ、KDDI(au)、 ソフトバンクモバイルの
大手3社が対応するスマートフォンを既に投入しています。

基地局の整備も 急ピッチで進み、3月には都市部を

中心に国内人口の9割程度がLTE網でカバーされる。 

今年後半と見込まれる米アップルの「iPhone(アイフォーン)」
次期機種をはじめ、 LTE対応のスマホが各社から
続々と登場するようです。

|

ウォンが上がっている

韓国の通貨、ウォンが上がっています。

韓国 輸出額3年ぶり減少に

転じるそうです。

韓国の去年1年間の輸出額は、3年ぶりに

前の年より減少するようです。

中国の景気減速やヨーロッパの信用不安
などの影響です。
 

韓国の知識経済省が1日に発表した貿易統計の

速報値です。

去年1年間の輸出額はおよそ5482億ドルで、 
前の年に比べて1.3%減少しました。
 
韓国の輸出額は、3年前は28%、おととしは19%、

それぞれ前の年を大きく上回っており、3年ぶりに
減少になったそうです。

通貨ウォンが値上がり傾向にあり、韓国経済を
支えてきた輸出企業にとっては逆風です。


韓国は、50%くらいが輸出ですからね。

厳しい年になりそうです。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »