« 日経平均があがる | トップページ | アメリカの自動車市場 »

公明党と中国

公明党の山口那津男代表が中国を訪問しています。

最終日にようやく会談が設定されるなど
中国側に翻弄されたそうです。

訪中を首脳会談に結びつける」と意気込んでいた
山口氏の面目は辛うじて保たれたそうです。

中国共産党の習近平総書記が昨年11月の
就任後、初めて会談する日本の政治家として
公明党の山口那津男代表を選んだそうです。

昭和47年の日中国交正常化以来の両党の
長い友好関係が背景にあるそうです。

池田大作の中国共産党のつながりが
あるそうです。

自民党は、公明党との連携は考え直した方が
よいと思いますよ。
公明党の足元をみたのです。
自民党は、公明党に足を引っ張られなければ、
よいですが。

そして、政経分離の原則に反しています。

公明党の母体は創価学会です。
宗教団体です。

おかしいと思いますが。
そして、宗教団体は税金がないのですよ。

きちんと税金を取るべきです。
個人や企業は税金を払っています。

|

« 日経平均があがる | トップページ | アメリカの自動車市場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事