« 補正予算 | トップページ | 韓国初のロケット »

ボーイング787

ボーイング787にトラブルが出ていますね。

日本航空(JAL)が“B787ショック”に
揺れているそうです。

米国時間の1月8日、JALが運航する旅客機
ボーイング787で、ボストン・ローガン国際空港の
誘導路を走行中に、左翼の燃料タンクから油が
機外に漏れるトラブルが発生しました。

JALのB787型機では、前日7日に別の出火事故が
起こったばかりです。
2日連続でトラブルが起きる異例の事態となったそうです。

同じローガン国際空港で起きた7日の出火事故が
問題のようです。

地上に駐機中、尾翼に備えられた、飛行機に
電力を供給する補助動力装置(APU)のバッテリー付近から
出火が発生したそうです。

納入自体、昨年の12月下旬にされたばかりの
新品であり、ボーイング社側の問題であるという
見方が強いそうです。

納期にいろいろ問題があったそうです。
でも、新品でトラブルがあったら困りますね。
大きな事故が起こらなければよいですが。

|

« 補正予算 | トップページ | 韓国初のロケット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事