« マンスリーよしもとPLUSが休刊 | トップページ | 社民党 »

アメリカの住宅販売

米商務省が26日1月の新築1戸建て住宅販売(季節調整済)を
発表しました。

前月比15.6%増の年率43万7000戸で、
2008年7月以来4年半ぶりの高水準となったそうです。

住宅供給も2005年3月以来約8年ぶりの
低水準となるなど、住宅部門の回復が進んで
いるそうです。

米連邦準備理事会(FRB)の超金融緩和政策で
記録的な低水準に抑えられた住宅ローン金利も、
回復の追い風だそうです。

アメリカでは、住宅販売と雇用が重要です。

これで株価も動きます。
昨日の株価は、上がっています。

|

« マンスリーよしもとPLUSが休刊 | トップページ | 社民党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事