« 日本維新の会の綱領原案 | トップページ | 柔道女子の監督 »

海江田万里民主党代表

海江田万里民主党代表の岡山市の

党の会合の発言だそうです。
自民党の憲法改革案を改めて読んだが、
これは本当に近代以前に戻ってしまったのでは
ないかという印象を受ける。
近代の憲法は、国が尊重するものだ。前近代の憲法は、
王様や絶対君主が国民に対して勝手に義務を押しつけ、
それが日本では戦争につながった。
自民党案も「国民に憲法を尊重しろ」と言っている。
これはまさに、近代から前近代に戻る考え方だ。
国民に色々な義務を課すのは近代の憲法ではない。
ということです。
ダメですね。
文句があるのであれば、民主党政権のときに、
やればよかったのですよ。
何もしないくて、中国、韓国、ロシアと領土問題が
紛争になっています。
少なくとも自民党政権のときはなかったのですよ。
もう憲法改正をするしかないのです。

文句があるなら民主党の憲法の素案を出すべきです。

国民はわかっていますからね。
自民党の素案を支持しています。

次の参議院選挙で、民主党は、なくなりますね。

|

« 日本維新の会の綱領原案 | トップページ | 柔道女子の監督 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事