« 海江田万里民主党代表 | トップページ | 上海の豚の死骸 »

柔道女子の監督

柔道女子日本代表の指導陣による
暴力・パワーハラスメント問題が起こりました。

前監督は辞任しました。

新強化体制について、全日本柔道連盟(全柔連)は
18日、女子強化部長のポストを新設しました。

バルセロナ五輪56キロ級銅メダリストの
増地千代里氏(旧姓・立野)を充てることを
決めたそうです。
増地氏は強化副委員長も兼任するそうです。

強化委員会が提案し、理事会で了承されたそうです。

女子代表監督には女子ジュニアヘッドコーチの
南條充寿氏を昇格させることを決めたそうです。

任期は2015年の世界選手権までです。

柔道も一新してこれからも頑張って欲しいですね。

|

« 海江田万里民主党代表 | トップページ | 上海の豚の死骸 »

スポーツ」カテゴリの記事