« 中国の外相 | トップページ | 改憲案 »

円安の韓国

「アベノミクス」によるデフレ対策の結果として
円安になっています。

韓国が不満を高めているそうです。

メディアは「1931年の世界大恐慌直前の
状況に似ている」との説まで持ち出して、日本が
「円安誘導政策」を取っていると批判しているそうです。

韓国の金融・財政当局は世界貿易機関(WTO)など
国際舞台で対日攻撃を強めているそうです。

2月25日に就任した朴槿恵(パク・クネ)大統領も、
国内のムードに考慮して国内経済・景気への
影響に懸念を表明。

今後、中小企業が早期の景気改善を実感できなければ、
円安が「為替ナショナリズム」に短絡的に結びつき、
反日感情の火に油を注ぎかねないそうです。

反日なんかずっとしていますので、今さら怖くもなんとも
ないですね。
経済への影響もありません。

以前は1ドル100円だったのですよ。
80円を切った時に何も言わなくて、円安になったときに
言うのはおかしいですね。

結局、自分の国のことだけです。
円安というよりウォン高なのです。

今度の大統領は、このウォン高をどうするかですね。
まだ大手企業は余力がありますから。

今の内に対策しないといけませんね。

|

« 中国の外相 | トップページ | 改憲案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事