« 風疹が大流行 | トップページ | マクドナルドの新メニュー »

中国の大気汚染

中国で、2010年に大気汚染が

原因と疑われる症状で早死にした人が
120万人を超えたそうです。
この年の死者数の約15%に上ったとの
調査結果を、清華大などが発表したそうです。

今年は天候の影響で当時より汚染が悪化、
国民の健康被害の一層の拡大が懸念されています。

大気汚染は中国で食中毒などと並ぶ健康上の
リスクと位置づけられています。

そして、鳥インフルエンザですね。

本当に世界中にいろいろな迷惑をかける国です。

東シナ海問題、南シナ海問題、大気汚染、

鳥インフルエンザなど、いろいろあります。

早く対策しないと、だんだん住めない国になります。

|

« 風疹が大流行 | トップページ | マクドナルドの新メニュー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事