« マクドナルドの新メニュー | トップページ | 中国の外交 »

景気動向指数

内閣府が5日2月の景気動向指数(CI、2005年=100)の
速報値を発表しました。

景気の現状を示す一致指数が前月比
0・5ポイント高い92・1で、2か月ぶりに
上昇したそうです。

製造業の出荷が活発だったことが要因のようです。
景気が持ち直しつつあることが明確になったそうです。

内閣府は基調判断を「下げ止まりを示している」としました。
前月の「悪化を示している」から上方修正したそうです。

判断を引き上げるのは、2012年2月以来、1年ぶりと
なるそうです。

景気がよくなっているのでしょうか。

円安が進んでいます。
原料の高騰で電気料金などがあがっていますので、
それが心配ですね。

株価も上がっていますから、製造業はよいようです。

|

« マクドナルドの新メニュー | トップページ | 中国の外交 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事