« 兵庫の市長選 | トップページ | 安倍総理のロシア訪問 »

工作機械の受注額

工作機械の受注額が減少しているようです。

日本工作機械工業会が15日2012年度の
工作機械の受注総額を発表しました。
前期比13・1%減の1兆1398億円でした。
前年割れは3年ぶりだそうです。
北米は伸びたが、景気が減速する中国や、
債務危機から抜けきれない欧州での低迷が
響いたそうです。
内需では自動車・電機メーカーからの受注が
振るわなかったそうです。
工作機械の受注は景気の先行きを示す指標とされています。
全体の約7割を占める外需は12・9%減の7769億円、
内需は13・4%減の3628億円で、ともに3年ぶりの前年割れだった。
地域別では、北米は10・0%増だったのに対し、
欧州が22・6%減、中国が18・0%減と落ち込みが目立ったそうです。
アメリカはシェールガスで伸びているようです。
中国も景気が落ちていますからね。
今年は安倍政権で国内に期待したいですが。
景況感はよくなっていますから。

|

« 兵庫の市長選 | トップページ | 安倍総理のロシア訪問 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事