« 日中韓の環境相会議 | トップページ | 朝鮮総連本部の再入札 »

アップルとサムスン

アップルが新しいスマートフォンのチップを
サムスンに発注しないようです。

米アップルは、スマートフォン(高機能携帯電話)の
心臓部品で次世代型の「A7」を2014年上期
(14年1~6月)に発表予定のようです。

開発プロジェクトから韓国サムスンを
除外したそうです。

これを受け、両者の亀裂が一段と深まりそうだと
いうことです。

サムスンにとってアップルの決断は痛手だが、
米半導体大手エヌビディアとの事業を拡大して
成長維持を図るそうです。

「A7」はアプリケーションプロセッサーと
呼ばれる電子部品です。
アプリ(応用ソフト)を処理する半導体集積回路
(LSI)です。

アップルは台湾の台湾積体電路製造(TSMC)
との間で、A7に関する機密データの共有を
進めているそうです。

アップルの心臓部を知っているからこそ
サムスンのスマートフォンも出来ますからね。

少し、サムスンがスマートフォンで勝ちすぎました。
せめて、2番手くらだったらよかったのかも
知れません。

韓国は、日本とアメリカとの半導体摩擦、自動車摩擦を
経験していませんからね。
もっとしたたかにしないといけませんよ。

|

« 日中韓の環境相会議 | トップページ | 朝鮮総連本部の再入札 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事