« 携帯電話会社の業績 | トップページ | 維新の会の支持率 »

維新の会の憲法改正

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が

憲法改正について発言しています。
自民党の憲法改正草案について
「公権力を前面に出しすぎており、怖い。
僕らの世代以降には共感を得られないと感じる」と
述べたそうです。
夏の参院選で憲法観の違いを訴える考えを
示したそうです。
橋下氏は「(現行の憲法から)安全保障も統治機構も
変えなければいけない」と述べて自民党の案について
一定の理解を示しつつも、「国家と公権力の区分けが
されていない。政治家の立場で憲法を論じている。
僕は一般の市民の立場に立って憲法を考えたい」と
指摘したそうです。
でもですね。
すでに、自民党は、憲法改正の素案はできています。
公明党や他の野党は何もありませんからね。
憲法改正と肯定する党は、素案をだすべきです。
そして、今のままでよいという野党は、拉致問題、中国問題、
北方問題、日揮の問題など、外交・防衛問題に、対して
現行の憲法でどのように対応するか案をだすべきですね。
憲法改正の反対ばっかりしても前に進みません。
反対だけなら誰でも言えます。
やっぱり対策を野党は出すべきです。

|

« 携帯電話会社の業績 | トップページ | 維新の会の支持率 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事