« 上場企業の決算 | トップページ | 株価下落と中国 »

円が103円に

円が103円になっています。

22日のニューヨーク外国為替市場です。

円相場は一時、1ドル=103円61銭まで
急落しました。

約4年7カ月ぶりの円安ドル高です。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の
議会証言を受けて、FRBが金融緩和を縮小し、
円安ドル高が進むのではないかという見方が
強まったためのようです。

円が弱いというよりもドルが強いということです。

日本は、安倍政権と黒田日銀で、安定しています。
これは、変わりませんね。

あとは、アメリカ次第ですね。
アメリカの雇用もよくなっているようですから
ドルが強くなりますね。

|

« 上場企業の決算 | トップページ | 株価下落と中国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事