« 中国とミャンマー | トップページ | キングソフト »

スプリント社の買収

ソフトバンクによるスプリント社の買収です。

米携帯電話大手スプリント・ネクステルは25日、
本社のあるカンザス州で臨時株主総会を開いたそうです。

ソフトバンクによる買収案を賛成多数で
可決したそうです。

米連邦通信委員会(FCC)の正式承認を経て
7月上旬に買収が完了するようです。

ソフトバンクは巨大な米市場に足場を築き、
世界3位の携帯電話グループになります。

買収総額は216億ドル(為替予約分を含め支払額は1兆8千億円)です。

途中で買収価格が上がりました。
それで株主も賛成したのですね。

ソフトバンクはスプリントの株式78%を取得する予定で、
携帯電話事業の売上高で中国移動通信、米ベライゾン・ワイヤレスに
次ぐ規模になるそうです。

買収後の総契約数は約9700万件となり、
国内首位のNTTドコモ(6100万件)を上回るそうです。

相乗効果でソフトバンクの日本もよくなると
よいですね。
ドコモもこれからの対策を作る必要があります。

|

« 中国とミャンマー | トップページ | キングソフト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事