« 景況感 | トップページ | スプリント社の買収 »

中国とミャンマー

中国がミャンマーを訪問したそうです。

中国の外交を統括する楊潔国務委員(副首相級)が
24日、ミャンマーの首都ネピドーで同国の
テインセイン大統領と会談したそうです。

中国外務省は、テインセイン大統領が
「中国の重大な核心的利益に関わる問題を
しっかりと支持する」と語った、と発表したそうです。

中国外務省は、楊氏が23日にニャントゥン副大統領と
会談した際にも「中国の核心的利益」について
支持を受けたと公表したそうです。

ミャンマー大統領府は24日時点で
これについては触れていないそうです。

テインセイン大統領は同国の経済発展について
「中国の成功の経験を参考にする」と述べたそうです。

中国は核心的利益について発表していあmすが、
ミャンマーは言えませんよね。

中国は、自分の都合の良いことばかり言いますから
周りの国もだんだんわかってきています。

だんだん賢くなっています。

|

« 景況感 | トップページ | スプリント社の買収 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事