« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

毒入り餃子事件

中国の毒入り餃子事件のその後です。

2007年末から08年1月にかけて
日本人10人が中毒症状を起こした
冷凍ギョーザ事件です。

初公判が30日、中国河北省石家荘市で
行われたそうです。
危険物質投与罪に問われた製造元「天洋食品」の
元臨時工員、呂月庭被告(39)は
「私がやりました。被害者と党と国家に申し訳ない」と
述べたそうです。

ギョーザに毒を入れたことを認めたそうです。
起訴から約3年たって開かれた公判はこの日で
結審し、次回公判で判決が言い渡されるそうです。

最初は、二本のでっちあげだとか言っていました。
そして、毒は日本で混入したと言い張っていました。

そうしたら、中国国内で同じ食品で同じ事故が
おこりました。

馬鹿みたいなお話です。
やっと犯人が見つかって判決がでるそうです。
皆が忘れたころですね。

|

燃料電池車

特許分析を手掛けるパテント・リザルト(東京)は

米国で公開された特許を対象に、次世代エコカーの
本命とされる燃料電池車の分野で各企業の
総合力ランキングをまとめたそうです。

首位は米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)で、
2位がトヨタ自動車、
3位はホンダだったそうです。

特許の出願件数だけでなく、他社の特許申請で
引用される回数などから各メーカーの総合力を
評価したそうです。

GMの総合力は2596点、出願件数は892件。
トヨタは2457点、出願件数は972件だそうです。
ホンダは2391点、873件だったそうです。
4位はパナソニック、5位は韓国サムスンSDIだそうです。

パテント・リザルトという会社はよくわかりませんが、
いつも海外の企業が上位にきます。

特許の数だとトヨタの方が大いにね。
他所の特許申請で引用される回数などで
総合力を評価したそうです。

全然わかりません。
結局、5位までに、日本企業が3社入っています。
1位をアメリカにしたかったのでしょうか。

|

中国の外資系企業

中国から外資系企業が撤退しているようです。

中国商務部外資司の曹宏瑛(ツァオ・ホンイン)
副司長は、外資系企業が中国の周辺国に
移動しているのはごく一部であり、大規模な
中国からの撤退の流れはないそうです。


当然、あるとは言えませんね。


今年上半期、商務部はさらに外資系企業の
投資の審査許可項目を減らしたり、
取り消したりしているそうです。

商務部のデータによると、今年1~6月に新たに
設立された外資系投資企業は1万630社だそうです。
前年同月比で9.18%減少したそうです。

人件費が上がっていますからね。
日本企業も他の国に移転したり日本に戻したり
しています。

中国も早く内需に代わっていく必要が
あります。

|

日本女性の寿命

厚生労働省の発表です。

日本人女性の2012年の平均寿命が、
再び長寿世界一になったそうです。

平均寿命は86・41歳で、前年を0・51歳
上回ったそうです。

男性も前年より0・50歳延び、79・94歳で
過去最高になったそうです。

厚労省は毎年1回、死亡・出生数などをもとに、
各年齢の人が平均してあと何年生きられるか
(平均余命)の見込みを計算しています。

平均寿命は、男女とも戦後直後の1947年は50代だったそうです。
その後、徐々に延び、女性は84年には80歳を、
02年には85歳を超えた。2010年までは
26年連続で長寿世界一だったそうです。

平均ですからね。
もっと長生きする人もいます。
医療費や社会保険が増えますね。

|

小沢陣営

参院選の岩手選挙区(改選数1)です。

生活の党の小沢一郎代表(71)が擁立した
候補が惨敗しました。

県内4小選挙区のうち3選挙区を落とした
昨年の衆院選に続く地元での敗北だそうです。

地元・岩手県で小沢氏の影響力低下が鮮明に
なったそうです。

奥州市内の得票数は、無所属の平野達男前復興相
(59)が3選を決めました。
2万8671票でした。

生活新人の関根敏伸氏(57)は1万2578票と
半分にも満たなかったそうです。

有権者は、小沢さんから離れたそうです。
震災の時も一度も地元に行きませんでした。
東北へも行きませんでした。

民主党の政権ですよ。

そんなものです。
栄枯盛衰です。

|

国民対話集会

憲法改正についてです。

自民党は党の憲法改正草案を国民に
直接説明する「対話集会」を開く検討に
入ったそうです。

石破茂幹事長は22日、記者団に
「ものすごく時間がかかるが、手を付けなければ
理解は進まない」と強調したそうです。

参院選での大勝を受けて憲法改正に踏み出す前に、
国民の懸念を和らげる狙いがあるようです。

自民党の憲法改正草案です。
現行憲法を大幅に書き換える内容で、天皇を「元首」と規定し、
国防軍創設を明記しています。
国旗・国歌の尊重義務など「国民の義務」も次々と新設。
こうした保守色の強い内容に、野党から「平和主義、国民主権、
基本的人権の尊重を大きく損なう」といった批判も出ているそうです。

他の国では当たり前ですが。
戦争に負けると変わりますね。

それでも、国民も変わってきています。
憲法の説明をおこなうことはよいことです。
いろいろな議論をおこなうことが重要です。

 

|

改憲の議席

改憲の議席には届かなかったようです。

憲法改正に積極的な自民、維新、みんな各党の

獲得議席は81議席でした。
この3党と改革、無所属も含めた非改選の
63議席と合わせ、「改憲勢力」は144議席となりました。

改憲の発議に必要な参院3分の2(162議席)には
届きませんでした。

 ただ、環境権など新たな理念を書き加える
「加憲」を掲げる公明党(非改選含め20議席)と
合わせると計164議席となり、3分の2に到達しました。

みんなの党は、維新の党と連携を続けていれば、
もっと票が取れたでしょうね。
渡辺代表は、橋下氏の言動だけで連携を
解消しましたからね。

みんなの党は大きくなれないかも知れません。
維新の会がこれからどうするかですね。

|

日本の米中好感度

米調査機関ピュー・リサーチ・センターが
18日米国と中国に対する好感度調査を
発表したそうです。

日本が37カ国・地域中、突出して
米国寄りとの結果が出たそうです。

中国に好感を持っている人の割合が
最も低かったことが原因だそうです。

同センターは領土をめぐる日中の対立が
背景にあると分析しているそうです。

日本では米国が好きと答えた人が69%だったが、
中国が好きとの回答は5%にとどまったそうです。
差は64ポイントもあったそうです。
イタリア(48ポイント)や韓国(32ポイント)などを
引き離したそうです。

アメリカは、震災のトモダチ作戦で、好感度が
上がりました。
中国は尖閣問題です。

そんなものかも知れません。

|

百貨店の売上高

百貨店の売上高が好調のようです。

日本百貨店協会が18日発表しました。

全国百貨店の6月の売上高は5167億円
だったそうです。
既存店ベースで前年同月比7・2%増と
2カ月連続で前年実績を上回ったそうです。
夏のクリアランス(在庫一掃)セールを
前倒ししたのがよかったそうです。
東日本大震災の反動で大幅増となった
昨年3月(14・1%増)以来の高い伸びとなったそうです。
多くの店がセール開始を前年の7月から
6月28日にしたため、主力の衣料品が10・5%
伸びたそうです。
靴やバッグ、腕時計などの高額品も
よく売れているようです。
百貨店が売れているのは消費者にお金が
あるということです。
景気は上がっていますね。

このまま続けばよいですね。

|

シャープの業績

経営再建中のシャープの業績です。

2013年4~6月期に計上する
営業赤字は数十億円で、当初見通しの
100億円程度から大幅に改善する

見通しでだそうです。

4~6月は家電の商戦期の谷間にあたり、

苦戦を見込んでいたが、太陽電池の販売増や
円安が寄与したそうです。

売上高は6千億円規模で、前年同期から

3割ほど増えるそうです。

純損益の赤字幅も前年同期の1384億円から
大幅に改善し、数百億円にとどまるそうです。

でも、まだ赤字ですか。

シャープの再建はまだかかりますね。

新しい新製品などを開発する余力などは
あるのでしょうかね。
これからが心配です。

|

参議院選挙

21日投開票の参院選です。

16日、最終盤を迎えています。

改選数2以上の選挙区で野党同士の
「最下位当選」争いが熾烈(しれつ)を
極めているそうです。

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の
合同世論調査です。

なかでも、民主党が危ないようです。
確実に1議席を獲得していた民主党は、
議席を失う可能性があることがわかったそうです。
党内に大きな衝撃が広がっているそうです。

反転攻勢をかけようにも有権者を引きつける材料に欠き、
相手候補を批判するばかりだそうです。
焦りは日を追うごとに募っている。
世論調査で共産党の支持が上がっていますからね。

反自民党の受け皿がないのですね。

今回は、野党は厳しい選挙ですね。

|

日産のインドで新型車

日産のインドで新型車を発表しました。

日産自動車は15日、新興国専用ブランド
「ダットサン」シリーズの小型車「GO(ゴー)」を
初公開しました。
来年初めにインドで売り出すそうです。
新興国専用の世界的なブランドを
つくるのは日本の自動車大手で初めてだそうです。
GOは現地生産でコストを抑え、車を初めて
買う中間所得層向けだそうです。
最安モデルの価格を40万ルピー(約66万円)
以下にするそうです。
安いですね。
利益が出るのでしょうかね。
日産は変化に対しては早いですね。
中国の売り上げが落ちるとみると、
次は、インドです。

やっぱり外人の社長だからできるのでしょうかね。

|

ファーストフードの高級化

デフレ(持続的な物価の下落)を反映した
“安売り”からの脱却を図る動きです。

ハンバーガーや牛丼のチェーンでの動きです。

日本マクドナルドホールディングスは
7月に一食1000円の高級バーガーを
限定発売しました。

吉野家ホールディングスも7月から480円という
高価格の丼を投入しました。

安さをウリにしてきたファストフードの
常識を覆す方針転換しています。

6日、全国のマクドナルドの店舗で、
30万個限定の高級バーガー「クオーターパウンダージュエリー」が
発売されました。

厳選した食材を使い、「究極のぜいたくな味わい」だそうです。
価格は同社最高の1000円です。
午前中から売り切れる店舗が続出したそうです。

売れているのでしょうか。
価格をあげても売れるのでしょうか。
もう少し様子をみる必要があります。

|

株価

12日の東京株式市場です。

日経平均株価が2日続けて
小幅に値上がりしました。

終値は、前日より33円67銭(0・23%)
高い1万4506円25銭です。

1万4500円台を回復して取引を終えました。

終値で1万4500円を上回るのは5月24日以来
約1カ月半ぶりです。

東京証券取引所第1部全体の値動きを示す
TOPIX(東証株価指数)は、同7・22ポイント(0・60%)
高い1201・99。
出来高は26億8千万株です。

前日の米国市場が大幅高となった流れを
引き継いだそうです。

アメリカの動向と為替ですね。
調整はありますが、上がるでしょうね。

|

CIA問題

米当局から訴追された米中央情報局(CIA)
元職員、エドワード・スノーデン容疑者(30)の
問題です。

英紙ガーディアンとのインタビューを受けたそうです。

中国やロシアに対して「いかなる情報も渡していない」と
明らかにしたそうです。

元職員は5月に米国から香港に渡った後、
6月23日に空路モスクワに到着したそうです。

ガーディアンなどによると、香港に滞在していた際、
米国家安全保障局(NSA)などの機密情報を
保存した4台のノートパソコンを持っていたとされる。

一部の米有力メディアは、中国当局がスノーデン元職員から
機密情報を得たと報じたそうです。

いくらインタビューでいいわけしても難しいですね。
香港に行った時点で疑われます。

アメリカは徹底的に妨害します。
いろいろな情報がありますからね。

注視する必要があります。

|

中国の輸出

中国の輸出が3年7か月ぶりにマイナスに

なったそうです。
どこまで正確かはわかりませんが。

中国税関総署が10日に貿易統計を
発表しました。
6月の輸出額は1743億2千万ドルで、
去年6月に比べて3.1%のマイナスに
なったそうです。
2009年11月以来、3年7か月ぶりの
ことだそうです。
輸入も2か月連続でマイナスのようです。
税関総署の幹部は記者会見で
「厳しい試練に直面している」との認識を
示しているそうです。
中国の金融不安や景気悪化とともに、
経済成長の減速への懸念も強まっています。
対日本はマイナス9.3%、対EU=ヨーロッパ連合は
マイナス3.1%と落ち込みが目立っているそうです。
結局、ヨーロッパ、アメリカ、日本の順ですからね。

ヨーロッパが落ちているのが大きいようです。

中国な内需に早急に変換する必要があります。

|

省エネの鉄道

電気料金の値上げがいろいろな所に
影響を与えています。
技術が進化しています。

鉄道各社が省エネ性能を高めた
新型車両を相次ぎ投入しています。

モーターなどに最先端技術を取り入れたり、
照明の発光ダイオード(LED)化を進めたりして
電力使用量を5割程度削減できるタイプもあるそうです。

近畿日本鉄道が10月に予定される
観光特急「しまかぜ」です。
ゆったりした座席やカフェ車両など贅(ぜい)を
尽くした作りだけでなく、省エネ性能も“一級”だそうです。

LEDの採用で、照明に必要な電力を約5割削減。
ブレーキをかけたとき発生したエネルギーを
蓄電池にためて再利用する「回生ブレーキ」などにより、
走行に使う電力も従来比約35%低減できるということです。

いろいろな技術革新がおこなわれています。

これで電力使用も少なくなりますね。

|

エジプトの観光客

エジプトで観光客が激減しているようです。

主要産業の観光業が打撃を受けている。

軍による事実上のクーデターが起きていますからね、
カイロ市郊外ギザ市にある「クフ王のピラミッド」です。

6日、入場者数が84人だったそうです。
2010年以前の入場者数は1日平均約600人だったそうです。

ピラミッドの観光客はこれまで、邦人客が
約半数を占めていたそうです。

日本の外務省は6日、同国全土への渡航延期を
勧告する「危険情報」を発令。
日本の観光会社によるツアーの中止も相次いでいるそうです。

エジプトの労働人口の約10%が観光業で働いているそうです。

影響が大きいですね。

エジプトはなかなか落ち着きません。

|

6月の新車販売

日本自動車販売協会連合会と
全国軽自動車協会連合会が4日
6月の車名別新車販売ランキングを発表しました。

トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)
「プリウス」が前年同月比23.4%減の
2万1809台だったようですが2カ月連続で首位を
維持したようです。

2位はトヨタの小型HV「アクア」で19.1%減の2万294台だそうです。

上位10車種のうち軽自動車は6車種だったそうです。
前月より1車種減ったそうです。

3-6位は軽です。
3位はダイハツ「ムーヴ」(1万8179台)、
4位はホンダ「N BOX」(1万7693台)、
5位はスズキの「ワゴンR」(1万7272台)。
6位には6月に発売の日産自動車の軽「デイズ」が1万2232台で
ランクインしました。

日産と共同開発した三菱自動車の軽「eK」は
前年同月比約3.7倍の8693台で13位だったそうです。

テレビで宣伝していますからね。
それでも入ってくるのはすごいですね。

どんどん競争が激しくなります。
次にどうなるか予測できませんね。

|

東電の値上げ

東電の値上げ反対で不払いの為にで電力が

止まったそうです。
千葉県内の娯楽施設が、東京電力は3日、
電気料金の値上げに反対して料金を
払わずにいたそうです。
電力供給を打ち切ったそうです。
企業向けの電気料金を値上げした昨年4月以降、
値上げを理由にした不払い者への電力供給を
東電が停止するのは初めてということです。
昨年4月から契約更新と電気料金の支払いを
求めてきたが、応じてもらえなかったそうです。
娯楽施設は昨年末から事実上、休業していて、
同支店の担当者は「停止による直接の影響はない」と
説明しているそうです。
休業していてもお金をとるのでしょうかね。
値上げ反対もよくわかりますね。
一方的ですからね。
もっと、東電の自助努力を説明すべきだと思います。
震災ですが原発の事故の責任は、東電ですからね。
もっとすごい地震と津波があった女川原発は、
被害は少なかったですからね。
対策ができてなかったと言われても仕方ないと
思います。

|

日韓首脳会談

韓国の朴槿恵大統領には依然、日韓首脳会談を
行う考えがないそうです。

韓国紙、朝鮮日報の記事です。

ソウルの高いレベルの外交消息筋の話だそうです。
安倍内閣の歴史認識に関する態度への不満が
続いていることが原因ということです。

朴氏は6月27日に北京で中国の習近平国家主席と
首脳会談を行っており、次は日本と行うべきとの声が
韓国内にもあるそうです。

日韓は7月1日、ブルネイの首都バンダルスリブガワンで
岸田文雄外相と尹炳世外相との間で双方の
政権発足後初の外相会談を行ったが、朴氏の
日本への厳しい姿勢に変わりはないそうです。

消息筋は、安倍内閣が「慰安婦問題に消極的で、
歴史認識で信頼(のある姿)を見せず、むしろ
後退している姿を見せていることに(朴氏が)
失望している」と指摘したそうです。

日本も韓国も首脳会談をおこなっても
あまりメリットはありませんからね。

韓国は、日本には赤字ですから。

韓国は日本に対しての弱みって歴史問題しか
ないですからね。
それがなくなったら竹島問題の優勢も
なくなります。

日本の慌てる必要はありません。
もう少ししたらサムスンも売り上げが落ちるでしょうから
くにの財政も大変になります。
中国もどうなるかわかりません。

辛抱強く我慢していたらよいと思います。

|

民主党

民主党の海江田氏の発言だそうです。

自民党が衆院で圧倒的な多数を持っていて
「衆参のねじれを解消させてください」と言うのは、
「衆院や政府のカーボンコピーの参院を
つくってください」と言っているのと同じだ。
自民党だけを参院選で大勝させて、
参院をカーボンコピーにしてはならない。
参院の役割はチェック・アンド・バランス。
衆院や政府がおかしなことをやったときに
ブレーキをかける役割がある。
参院選で安倍政権の暴走を止める
機能を持たせることは大事だ。

と言っています。

でもですね。
今回の最後の重要な法案も首相の問責決議で、
決まりませんでした。
野党の責任ですよ。

国民にとって重要な法案を野党が反対するのは
おかしいとおもいますよ。

野党は批判ばっかりしています。
対案がありません。
だから国民は自民党を支持するようになるのです。

民主党は、鳩山氏、管氏、海江田氏のような人を
党首にするようでは、いつまでも勝てないと思いますよ。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »