« 百貨店の売上高 | トップページ | 改憲の議席 »

日本の米中好感度

米調査機関ピュー・リサーチ・センターが
18日米国と中国に対する好感度調査を
発表したそうです。

日本が37カ国・地域中、突出して
米国寄りとの結果が出たそうです。

中国に好感を持っている人の割合が
最も低かったことが原因だそうです。

同センターは領土をめぐる日中の対立が
背景にあると分析しているそうです。

日本では米国が好きと答えた人が69%だったが、
中国が好きとの回答は5%にとどまったそうです。
差は64ポイントもあったそうです。
イタリア(48ポイント)や韓国(32ポイント)などを
引き離したそうです。

アメリカは、震災のトモダチ作戦で、好感度が
上がりました。
中国は尖閣問題です。

そんなものかも知れません。

|

« 百貨店の売上高 | トップページ | 改憲の議席 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事