« シリアへの軍事介入 | トップページ | 今年の夏の暑さ »

シリア情勢

米政府は30日、シリアのアサド政権による

化学兵器攻撃について「強い確信」が
あるとする情報分析をまとめた報告書を
発表したそうです。
子供426人を含む1429人が死亡したとの
暫定評価を示したそうです。
ケリー国務長官は記者会見し、アサド政権に対し
「行動を起こさなければ問題だ」と述べ、
軍事介入は不可避だとの認識を表明したそうです。
化学兵器が使われたのは、本当の
ようです。
でも、どちらが使ったのかは、不明です。
アメリカの発言は正しいでしょうか。
イラクの時があります。
あれだけ、ブッシュが大量破壊兵器があると
言ったのに見つかりませんでした。
大義がなくなりました。
今回はどうでしょうか。
難しいですね。

|

« シリアへの軍事介入 | トップページ | 今年の夏の暑さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事