« 大卒者の5%がニート | トップページ | 中国で干ばつ »

日光猿軍団が解散

栃木県日光市のテーマパーク「日光猿軍団」です。

年内いっぱいで解散するそうです。

「お猿の学校」で人気がありました。
調教師不足や猿の高齢化が理由のようです。

近年は韓国人ら10人ほどの外国人調教師を
雇っていたそうです。
2011年3月の東日本大震災による原発事故を
機にほとんどが帰国。

社長自身が現場復帰したが、それでも調教師は4人で、
人手不足が続いていたそうです。

猿も高齢化が進み、体力的にも芸をするのが
厳しくなったそうです。

現在いる28匹はほとんどが20歳前後。
人間の年齢では60歳を超えているということです。

何故、韓国人を雇ったのでしょうかね。
人件費が安かったからでしょうか。

一時期のような、お猿のブームは過ぎましたが。
経営の失敗ですね。

調教の技術がなくなるのが心配ですが。

 

|

« 大卒者の5%がニート | トップページ | 中国で干ばつ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事