« オバマ大統領 | トップページ | リンガーハットの業績 »

南シナ海問題

東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中米など18カ国が
参加する東アジアサミットが10日、ブルネイの
首都バンダルスリブガワンで開かれています。

中国とASEANの一部加盟国が領有権を争う
南シナ海の問題です。

日中が双方の主張を繰り広げたそうです。

安倍晋三首相は「南シナ海をめぐる問題は地域、
国際社会全体の関心事項であり、全ての関係国が
国際法を順守し、一方的な行動を慎むべきだ」と
強調したそうです。
「紛争は、国際法に基づき平和的に解決しなければならない」と
述べたそうです。

領有権をめぐって中国と対立するフィリピンのアキノ大統領は、
対話による問題解決と同時に、国際海洋法裁判所に
フィリピンが請求した仲裁裁判による決着を
引き続き目指す方針を表明。オバマ米大統領に代わって
出席したケリー国務長官もフィリピンの立場を支持する
姿勢を示したそうです。

中国の李克強首相は「中国とASEANは、南シナ海の紛争は
直接の関係当事者間の協議と交渉を通じて
平和的に解決されるべきだということで合意している」と
主張したそうです。

安倍首相が発言したのはよかったですね。
他の国は言えませんからね。
安倍首相に賛成する国が10ヶ国中7ヶ国も
あったそうです。

こういう外堀が重要です。
なかなか安倍首相はしたたかです。

民主党政権とは大違いです。

|

« オバマ大統領 | トップページ | リンガーハットの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事