« リンガーハットの業績 | トップページ | 中国のポークハム »

中国の外貨準備高

中国の外貨準備高が増えているようです。

中国人民銀行(中央銀行)が14日に9月末の

外貨準備高を発表しました。

3兆6600億ドル(約360兆円)と過去最高を
更新したそうです。

世界最大で、日本の9月末の外貨準備高(1兆2734億ドル)の
約2・9倍の規模に拡大したそうです。

米財務省によると、7月末時点で中国が保有する
米国債は1兆2773億ドルと世界最大で、中国の
外貨準備高の約3分の1に当たるそうです。

中国当局者らは米債務上限問題で米国債の
債務不履行(デフォルト)の恐れが指摘されている
ことに懸念を深めているそうです。

中国の外貨準備高は6月末時点から1100億ドル
増加したそうです。

米国の量的緩和によるドル安で元の上昇圧力が高まったことを受け、
元高抑制のための市場介入が増えたそうです。

日本のように変動相場制だと外貨も増えませんが、
為替に介入しているので増えるのですね。

為替を操作しないと、貿易に支障がでるのも
問題なのですが。

外貨準備も異常な水準になっているのですね。

|

« リンガーハットの業績 | トップページ | 中国のポークハム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事