« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

次世代半導体

次世代の半導体を開発するようです。

半導体関連の日米20社以上が技術を持ち寄り、
高性能な次世代メモリーの共同開発を始めるそうです。

需要が膨らむスマートフォンなどデジタル機器
向けなどに量産をめざすそうです。

東北大と組んだ産学連携のプロジェクトです。
2016年度までに基礎技術を確立したいそうです。
開発するのはMRAMと呼ばれるメモリーです。

パソコンやスマホで情報を一時的にためる
記憶装置として主流のDRAMと比べ、処理能力は10倍、
消費電力は1割以下にするということです。

DRAMと違って電源を落としてもデータが
消えないメリットもあります。
東北大が27日に開設した「国際集積エレクトロニクス
研究開発センター」(センター長・遠藤哲郎東北大教授)を
拠点に、年明けから開発を本格化するそうです。

日本のエルピーダメモリを傘下におさめた
米マイクロン・テクノロジーやルネサスエレクトロニクスのほか、
製造装置大手の東京エレクトロン、日立製作所などが
加わるそうです。

これで、日本がまた半導体の国になればよいですね。

|

スバルの車

スバルの車がアメリカで売れているようです。

クルマがバカ売れして生産が間に合わないそうです。

富士重工業の「スバル」車です。
車が売れているのは日本ではなく
米国だそうです。

米国向けにサイズを大きくした『レガシィ』や
『フォレスター』などの人気が高いそうです。

2013年の米国での販売台数は前年比約9万台増の
42万台になる見通しです。 

急激な販売増が同社の生産能力を
逼迫する事態になっているそうです。

うれしい悲鳴ですね。

世界販売の約半分を米国市場で稼いでいるそうです。
すでに米国の生産子会社(スバル・オブ・インディアナ・
オートモーティブ)の生産能力を2016年末に現在の27万台から
40万台に増強する計画のようです。

こういう車を持っていると強いですね。
スバルは、根強いファンがいるのですね。


|

日本版NSC法案

日本版NSC法案が成立するようです。

参院国家安全保障特別委員会は25日、
外交・安全保障政策の司令塔となる
国家安全保障会議(日本版NSC)の設置法案を
自民、公明、民主など賛成多数で可決したそうです。
早ければ27日の参院本会議で成立する見通しのようです。
懸案だったNSCの議事録作成については
法案に明記されておらず、衆院特別委と同様、
参院特別委も付帯決議で「速やかに検討し、
必要な措置を講ずる」としたそづえす。
ただ、期限が盛り込まれていないため、
実現するかはわからないそうです。

全部に対して議事録を残すというのは
おかしいですね。
防衛・外交で秘密の場合もありますからね。

必要に応じて残せばよいと思いますよ。
早く作ることが重要です。

|

中国への親しみ

中国への親しみを感じなくなっているようです。

内閣府は23日、「外交に関する世論調査」を
発表しました。
調査は9月26日から10月6日にかけて、日本全国の3000名の
成人男女を対象に行われたそうです。

中国に「親しみを感じない」と答えた人は
「どちらかというと親しみを感じない」を含めて
80.7%に達したそうです。
過去最高を更新したそうです。

2012年9月に日本政府が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を
国有化したことをきっかけに中国では激しい
反日デモが発生しました。

やっぱり、今の尖閣問題があります。
そして、レーダー照射問題、今回の防空域の問題です。

日本の防衛を含め相手を攻撃する能力も持つべきですね。
憲法を改正する時期になっています。

|

大卒社員の退職金

大卒社員の退職金が減ってきているようです。

厚生労働省は21日、日本の民間企業における
就労条件について調べた「2013年 就労条件総合調査」の
結果を発表しました。


それによると、2012年に定年退職した大卒会社員
(管理・事務・技術職)の退職金は平均2,156万円だったそうです。


5年前の前回調査(2008年実施、2007年対象)と
比べて335万円減少したそうです。

勤続35年以上の定年退職者の退職金(一時金・年金)は、
「大学卒(管理・事務・技術職)」が前回比335万円減の
2,156万円(前回2,491万円)、
「高校卒(管理・事務・技術職)」が同273万円減の
1,965万円(同2,238万円)、
「高校卒(現業職)」が同537万円減の1,484万円(同2,021万円)
だったそうです。


減っているのですね。
それでも、多いですね。
中小企業はもっと少ないですからね。
無い所もあります。
退職金制度がある企業は全体の75.5%だそうです。
これから、厳しくなりますね。


|

東京モーターショー

自動車の祭典「第43回東京モーターショー」の

報道関係者への公開が20日、東京都江東区の
東京ビッグサイトで始まりました。
一般公開は23日から12月1日までです。
各社の業績が好転する中、2年ぶりの地元の
ショー開催は「日本車復活」を印象づけています。
だが、米中両国でもそれぞれのモーターショーが
同時期に開催しているようです。
米大手3社は前回、前々回に続き東京へは不参加で、
世界に向けた発信力回復にはなお課題も残るそうです。
アメリカの企業が東京に来ないのは、日本市場では、
アメリカ車は全然売れませんからね。
そして、日本人が買いたい車はありません。
技術も日本の方が優れています。
日本は、日本メーカーでの競争が激しいですから
切磋琢磨しています。
テクノロジーがどんどん進化しています。

|

カネボウの白斑問題

カネボウの白斑問題で集団提訴をおこなうようです。

カネボウ化粧品の美白化粧品で
肌がまだらに白くなる「白斑」の症状が
相次いでいます。
広島弁護士会の有志でつくる被害対策弁護団が
広島地裁に集団提訴する方針を固めたそうです。
弁護団によると、これまでこの問題で
カネボウに対する集団訴訟は起こされていないそうです。
顔や首などの白斑が今も消えないと訴える
広島県内の女性数人が原告となる予定ということです。
カネボウは慰謝料や医療費、通院交通費、
休業補償に応じる方針を示しているそうです。
「症状は回復する」という立場で、「白斑が消えない」と
いった後遺症への補償は認めていないそうです。
弁護団は後遺症についても慰謝料を求める方針の
ようです。

すごい人数の人に影響を与えていますからね。
カネボウも事業継続ができるのでしょうかね。

大変です。

|

新ダイナブック

東芝が、新しいノートパソコン

「ダイナブック キラV634/27K」を22日に
発売するそうです。
コンセントにつながない状態で22時間
使えるそうです。
内部の機器を効率的に動かすプログラムで
電力消費を少なくしたそうです。
重さは1.12kgで、液晶画面サイズが13.3インチの
東芝のノートパソコンでは最も軽いという。
販売想定価格は15万円前後だそうです。
22時間というのはすごいですね。
8時間で3日も充電がいらないのですね。
ノートブックも差別化しないと売れませんからね。
価格も妥当です。
パソコンからタブレットに移っていますから、
付加価値が必要です。

|

スズキがメガソーラー

スズキがメガソーラーに参入するようです。

自動車大手スズキが2015年度にも
大規模な太陽光発電(メガソーラー)事業に
乗り出すそうです。

一般家庭約5200世帯分に相当する
電力を中部電力に売るそうです。

自動車業界ではトヨタ自動車やホンダが
太陽光発電に乗り出しており、今後も企業が
再生可能エネルギーによる発電事業に
参入する動きが広がりそうです。

主力工場「相良工場」(静岡県牧之原市)に
近接する約40ヘクタールの自社用地に
太陽光パネル(出力18メガ・ワット)を
設置するそうです。

自動車工場は敷地を持っていますからね。
ソーラーで電気を販売できれば利益が
でますからね。
いいことです。

|

NYダウが最高値

NYダウが最高値になったそうです。

15日のニューヨーク株式市場です。
米国の金融緩和政策が長引くという
見方が広がっています。
大企業で構成するダウ工業株平均が
値上がりしました。
終値は前日比85・48ドル(0・54%)高い
1万5961・70ドルとなり、3営業日続けて
最高値を更新しました。
ハイテク株が中心のナスダック市場の
総合指数は、前日比13・23ポイント(0・33%)
高い3985・97で取引を終えました。

まだ金融緩和が続くと思っているのですね。
株価が上がっています。

アメリカの景気もよくなっています。
今の所、株価もあがっていくでしょうね。

|

都内での雪冷房

税金の無駄遣いを外部の有識者が
点検する14日の「行政事業レビュー」です。

「環境に優しい」とアピールするはずの雪を
使った冷房事業が、逆に「エコではない」と
指摘されたそうです。

所管する環境省は見直しに追い込まれたそうです。

この事業は、雪国から運んだ雪を都市の
空調に使って、排出する二酸化炭素(CO2)を
削減するだけでなく、雪の処理コストや雇用減に
悩む地方活性化にも寄与しようという実証実験だそうです。

予算は昨年度からの3年間で3億7千万円が
計上されているそうです。

ところが、昨年、北海道から貨物列車などで
東京都心のホテルまで運んだところ、輸送に
多くのエネルギーを費やし、かえってCO2
排出量が増えたそうです。

環境省の担当者は「『近距離ならば』と、今年は
山梨県から運んだら効果は見られた」と
弁明したそうです。

来年は都内ではやらないそうです。
いろいろなことを考えても、事前にかかる経費が
わかりそうなものです。
どのような事業計画がみたいですね。

普通の企業だったら担当者や管理者は
格下げや責任を取りますが官僚はどうなのですようかね。

もっと、日本で有望な分野にお金を使った方が
よいと思います。
国民の税金ですからね。

|

大相撲九州場所

大相撲が低迷しています。

一年納めの九州場所では例年集客に
苦戦してきたそうです。

日本相撲協会も“人気者”を広告塔に起用したり、
地元力士のPRに努めたりと、てこ入れ策を
講じてはいるそうです。

だが、いまのところ平日が不入りだった
昨年と比べても微増にとどまっているそうです。

会場内の通路に序ノ口から大関まで九州、
山口出身の力士の写真パネルが展示され、
郷土力士を応援する雰囲気づくりに努めているそうです。

ここまで4日間は昨年比で約150~500人増を
記録しているそうです。
実際まだまだ空席が目立っているそうです。

やっぱり、日本人力士がいませんからね。
外人ばっかりだとみるのも嫌になります。

やっぱり日本人の横綱をみたいですね。
育成のやり方を間違ったような気がしますよ。

|

エネルギーの価格差

国際的なエネルギーの価格差が広がっているようです。

国際エネルギー機関(IEA)は12日、2035年

までのエネルギーの長期需給を示す
「世界エネルギー展望」の13年版報告書を
発表したそうです。

新型天然ガス「シェールガス」の開発などで
米国の電力価格は日本や欧州、中国の約半分となるそうです。

日欧は産業競争力を奪われて大きな打撃となる
可能性があるそうです。

半分ですか。
すごい価格差です。

報告書によると、米国の天然ガス価格は10月現在、
欧州の約3分の1、日本の約5分の1だそうです。

米国の産業向け電力価格も日欧中より安いそうです。
この傾向は35年まで続き、米国の電力価格は
こうした国々の約半分になると予測したそうです。

この結果、大量の電力を必要とする化学や
アルミニウム、鉄鋼、石油精製といったエネルギー
集約型産業が影響を受け、日欧はこの分野で
世界輸出に占めるシェアを現状の3分の1程度
失うそうです。

困りますね。
日本も早く自前でエネルギーを生み出さないと
いけませんね。
太刀打ちできなくなります。

|

中国の新車販売

10月の中国の新車販売が好調のようです。

中国自動車工業協会は11日、10月の
新車販売台数(乗用車と商用車の合計)を発表しました。

前年同月比20・3%増の193万2600台だったそうです。

昨年は沖縄県・尖閣諸島問題の影響で販売が
激減しました。
今年は日本車の販売が回復してきたそうです。

日系メーカーの乗用車の販売台数が約1・8倍に
増えたそうです。

昨年秋の反日デモから約1年がたち、日本車への
拒否感が和らいだほか、新型車の市場投入もあり、
販売が伸びたそうです。

中国全体の生産台数も20・7%増の
191万6千台だったそうです。

全体が伸びていますから日本車も伸びています。
特に大気汚染の少ない日本車はよいと思いますよ。

日本メーカーにとってはよいことです。

|

仕事に対する意欲

仕事に対する意欲の調査です。


米国の世論調査会社・ギャラップは
「仕事に対する意欲」調査結果を公表したそうです。


2011年から2012年に142カ国・地域の
従業員を対象に行ったそうです。

調査では、12の質問を通して
「意欲があり積極的に仕事に取り組む」
「意欲がない」
「意欲を持とうとしない」の三段階に分類したそうです。

「意欲があり積極的に仕事に取り組む」は全体のわずか13%、
「意欲がない」63%、
「意欲を持とうとしない」24%という結果となったそうです。

上位3カ国はパナマ、コスタリカ、米国だったそうです。

トップ3のパナマは37%、コスタリカ33%、米国30%だったそうです。
一般に勤勉だとみなされている日本は7%、韓国は11%
だったそうです。


主観的ですからね。
やっぱり客観的に測定しないと
わかりません。
自分だけそう思っていても外からみれば
違いますからね。
そんなものです。


|

集団的自衛権

時代が変わってきています。

安倍晋三政権が検討する集団的自衛権の
行使容認と敵基地攻撃能力の保有についてです。

日米関係に詳しい元政府関係者らの
見解だそうです。

日米同盟の抑止力を強化し東アジアの
安定を確保する上で、自衛隊が「普通の軍」となり、
より積極的な役割を果たすことを一様に支持しているそうです。

特に敵基地攻撃能力では米軍との役割分担などを
日米間で緊密に協議し、規定する重要性を強調したそうです。

「日本は自国の防衛のみならず、他国の防衛も
可能にしなければならない。統合された世界に
あって日本は、米国はもとより、他国とも行動
できるように、集団的自衛権を行使できるように
することが重要だ」
そうです。
こう語るのは、新アメリカ安全保障センターの
パトリック・クローニン上級顧問だそうです。

アメリカも変わってきています。
結局、アメリカの力が落ちているのと
中国が大きくなっています。

昔は、日本に軍備を持たせるなとか
言っていたのにね。
かわるものです。

でも、日本も普通の国にならないと
いけませんね。

|

中国の大気汚染

中国の大気汚染の影響についてです。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの
5日付記事です。
「大気汚染が監視カメラに悪影響、中国本土の治安に不安」を
掲載したそうです。

中国政府にとって、国中を覆うスモッグは
人体の健康に害を与えるだけでなく、
国家の安全を脅かすものでもあると
言っています。

先月、ハルビン市は3メートル先さえ
見えないほどの有害濃霧に覆われたそうです。

科学者らは、こうした濃霧のもとでは
街中の監視カメラが役に立たなくなると指摘。

中国政府が巨額資金を投じ構築した全国規模の
監視カメラシステムにより、公安当局は主要都市の
大通りまでを監視下に置くことができる。

しかしスモッグが発生するにつれてシステムの
効果は大きく減少しているそうです。
こうした天気をついてテロリストが行動を
起こすのではと不安を感じる人々も多いそうです。

確かにそうですね。
いくら監視カメラがあっても、スモッグで
見えないとどうしようもありませんね。
テロも起こる可能性があります。
怖いですね。

|

訪日客への免税

訪日客への免税が広がるようです。

政府は、外国人旅行客が日本で
買い物した時に消費税がかからない
「免税品」を増やす検討に入ったそうです。

家電などに限っていた免税を、化粧品などの
土産品にも広げる方向のようです。

免税品を増やすことで、日本を訪れる
外国人旅行者を増やしたいそうです。

麻生太郎財務相が5日の閣議後
記者会見で「観光に資するなら大いに
検討する値打ちがある」と述べたそうです。

年末の税制改正大綱に盛り込み、来春にも始めるそうです。

いいですね。
これで、観光客が増えればよいですね。
そして、商品の売り上げもあがります。

景気がよくなります。

|

日本車の中国販売

ホンダが4日中国での10月の新車販売台数を
発表しました。

前年同月の約3・1倍の7万5150台と
大幅に増加したそうです。

日産自動車も同日発表しました。
10月の中国販売も約2・3倍の11万4700台と
急伸したそうです。

既に公表済みのトヨタ自動車は80・6%増の
8万2400台だったそうです。

沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中関係悪化の
影響で激しく落ち込んだ中国での日本車販売の
回復が鮮明になってきたそうです。

中国全体の10月の新車販売台数は未発表だが、
今年は毎月10%前後の伸びを示しており、日系各社の
10月単月の販売増加率は全体を大きく上回ったそうです。

中国の販売は日本メーカーよりも合弁の中国メーカーへの
影響の方が大きいですね。

でも、車が増えると大気汚染がおこります。
中国にとっては、よいことなのでしょうか。

|

米中通貨戦争

米中が通貨戦争で火花を散らしているそうです。

人民元切り上げを拒む中国に対して米国が
ドルの大量増刷で元高誘導を仕掛ける一方、
中国は「脱米国化」を唱えて戦後のドル基軸通貨体制を
崩そうとの動きを強めているそうです。

両国の攻防は先鋭化の一途だが、敗者は中国と
なるということです。

中国の2008年秋からの異常なまでの公共事業拡大と、
米国の量的金融緩和政策(QE)で流入した巨額のドル資金が
バブル経済を破裂寸前にまで追い込んでいるそうです。

来年から本格化する量的緩和の縮小が
その口火を切る可能性が高まっているそうです。

アメリカがドルを発行すると、ドル安になりますからね。
人民元を下げるにはドルを買うしかなくなります。

輸出をしないといけないですからね。
それで、どんどんドルが増えています。

危ないですね。

|

朝鮮学校への補助金

東京都の猪瀬直樹知事は1日、
都内の朝鮮学校への補助金を支給しない
ことを正式に決めたそうです。

都は平成22年度以降、補助金交付を「凍結」し、
都内の朝鮮学校の教育内容や学校運営の
実態を調査したそうです。

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の
強い影響下にあることが確認されたということです。

猪瀬知事は「当然、来年度予算にも計上しない」と
しています。

朝鮮総連は北朝鮮による拉致事件への関与が
疑われているなど、破壊活動防止法に
基づく調査対象団体となっています。

朝鮮学校は朝鮮総連との密接な関係性が疑われており、
都は都内の朝鮮学校で使われる教科書や、
運営する学校法人「東京朝鮮学園」の
財務関係書類などを調査してきたそうです。

教科書も違いますからね。
難しいと思いますよ。

|

王将の業績

王将フードサービスが31日2013年9月
中間連結決算を発表しました。

売上高は新規出店の効果で1・6%増の374億円。
最終利益は前年同期比26・1%減の19億円だったそうです。

円安による原材料の高騰などが響いたそうです。
豚肉や鶏肉、コメの仕入れ価格が値上がりし、
利益を圧迫したそうです。

景気回復に伴い、(低価格志向で)王将に来店していた
顧客が他店に流れた側面もあるそうです。

客が裸の写真を撮ってネットに公開した事件は
影響はないそうです。

王将の材料は輸入なのですね。
豚肉や鶏肉、コメなども輸入なのですね。
知りませんでした。

材料費を安くするには輸入品しか
ないのでしょうね。

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »