« 東京モーターショー | トップページ | 中国への親しみ »

大卒社員の退職金

大卒社員の退職金が減ってきているようです。

厚生労働省は21日、日本の民間企業における
就労条件について調べた「2013年 就労条件総合調査」の
結果を発表しました。


それによると、2012年に定年退職した大卒会社員
(管理・事務・技術職)の退職金は平均2,156万円だったそうです。


5年前の前回調査(2008年実施、2007年対象)と
比べて335万円減少したそうです。

勤続35年以上の定年退職者の退職金(一時金・年金)は、
「大学卒(管理・事務・技術職)」が前回比335万円減の
2,156万円(前回2,491万円)、
「高校卒(管理・事務・技術職)」が同273万円減の
1,965万円(同2,238万円)、
「高校卒(現業職)」が同537万円減の1,484万円(同2,021万円)
だったそうです。


減っているのですね。
それでも、多いですね。
中小企業はもっと少ないですからね。
無い所もあります。
退職金制度がある企業は全体の75.5%だそうです。
これから、厳しくなりますね。


|

« 東京モーターショー | トップページ | 中国への親しみ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事