« 大相撲九州場所 | トップページ | NYダウが最高値 »

都内での雪冷房

税金の無駄遣いを外部の有識者が
点検する14日の「行政事業レビュー」です。

「環境に優しい」とアピールするはずの雪を
使った冷房事業が、逆に「エコではない」と
指摘されたそうです。

所管する環境省は見直しに追い込まれたそうです。

この事業は、雪国から運んだ雪を都市の
空調に使って、排出する二酸化炭素(CO2)を
削減するだけでなく、雪の処理コストや雇用減に
悩む地方活性化にも寄与しようという実証実験だそうです。

予算は昨年度からの3年間で3億7千万円が
計上されているそうです。

ところが、昨年、北海道から貨物列車などで
東京都心のホテルまで運んだところ、輸送に
多くのエネルギーを費やし、かえってCO2
排出量が増えたそうです。

環境省の担当者は「『近距離ならば』と、今年は
山梨県から運んだら効果は見られた」と
弁明したそうです。

来年は都内ではやらないそうです。
いろいろなことを考えても、事前にかかる経費が
わかりそうなものです。
どのような事業計画がみたいですね。

普通の企業だったら担当者や管理者は
格下げや責任を取りますが官僚はどうなのですようかね。

もっと、日本で有望な分野にお金を使った方が
よいと思います。
国民の税金ですからね。

|

« 大相撲九州場所 | トップページ | NYダウが最高値 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事