« 集団的自衛権 | トップページ | 中国の新車販売 »

仕事に対する意欲

仕事に対する意欲の調査です。


米国の世論調査会社・ギャラップは
「仕事に対する意欲」調査結果を公表したそうです。


2011年から2012年に142カ国・地域の
従業員を対象に行ったそうです。

調査では、12の質問を通して
「意欲があり積極的に仕事に取り組む」
「意欲がない」
「意欲を持とうとしない」の三段階に分類したそうです。

「意欲があり積極的に仕事に取り組む」は全体のわずか13%、
「意欲がない」63%、
「意欲を持とうとしない」24%という結果となったそうです。

上位3カ国はパナマ、コスタリカ、米国だったそうです。

トップ3のパナマは37%、コスタリカ33%、米国30%だったそうです。
一般に勤勉だとみなされている日本は7%、韓国は11%
だったそうです。


主観的ですからね。
やっぱり客観的に測定しないと
わかりません。
自分だけそう思っていても外からみれば
違いますからね。
そんなものです。


|

« 集団的自衛権 | トップページ | 中国の新車販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事