« 国民年金の徴収 | トップページ | スーパーの売上高 »

中国から日本のテレビメーカーが撤退

中国から日本のテレビメーカーが

撤退しているようです。
東芝、パナソニック、日立といった、
中国市場に早々と進出した日系テレビブランドが、
今は次々と中国を撤退しているようです。

東芝は今月、月末までに大連市(遼寧省)に
あるテレビ工場を閉鎖し、工場を運営していた
大連東芝電視有限公司も清算するそうです。
パナソニックも近く、プラズマテレビから撤退します。
上海市にある生産ラインはこれまでずっと

パナソニックにとって重要な海外工場だったが、
生産を停止するそうです。


テレビでは、もう利益がでませんね。
他の分野にシフトしています。


アメリカの昔と同じです。
でも、製造技術は、残して欲しいですが。

|

« 国民年金の徴収 | トップページ | スーパーの売上高 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事