« ブラック企業対策 | トップページ | 車のネット販売 »

韓国外交

韓国外交が厳しくなっているようです。

中国の防空圏の設定が原因です。
韓国経済は対外貿易が国内総生産
(GDP)の約半分を占めるほど貿易に
依存しているそうです。
中でも中国は輸出入ともに最大の
貿易相手国となっているそうです。
韓国の朴(パク)槿(ク)恵(ネ)政権が中国に
急接近したのにはこうした背景があるそうです。
もちろん反日姿勢を崩さない朴槿恵大統領(61)にとって、
対日外交で中国と共闘しようという思惑も
あるそうです。
でもここに、問題が発生しました。
日本に対する挑発とみられる東シナ海上空への
防空識別圏設定は、韓国には「寝耳に水」だったそうです。
この防空圏には中国が領有権を主張する
日本の領土、尖閣諸島(沖縄県石垣市)だけでなく、
中韓が管轄権を争う海中岩礁、離(イ)於(オ)島(ド)
(中国名・蘇岩礁)の上空も含まれていたからです。
韓国は、中国に肩入れしすぎましたね。
中国は、考えていたより韓国のことを考えて
いないのです。
さあどうするでしょうか。
経済もありますから難しい問題です。

|

« ブラック企業対策 | トップページ | 車のネット販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事