« 次世代半導体 | トップページ | 韓国外交 »

ブラック企業対策

若者に過酷な労働を強いる「ブラック企業」対策です。

厚生労働省は来年度から ハローワークを通じて
大学生や大学院生を採用する企業に対し、
離職率の公表を 求めることを決めたそうです。

2015年春の大卒、大学院卒らに向けた
求人票から、過去3年間の採用者数と 
離職者数の記入欄を設けるそうです。
 
記入は強制ではないが、
「空欄のままだと公表できないほど離職率が高いのでは 
と見られる」(厚労省幹部)そうです。
抑止効果が期待できるということです。 

ブラック企業は早期退職が続出することを見越して若者を大量採用するのが 特徴で、離職率は
有力な判断材料の一つです。

 
でも、ハローワークの企業だけだとあまり意味がないと

思いますよ。
今、問題になっているのは、大学生の就活ですからね。
就職する企業がどうなのかを知りたいのです。

ハローワークの企業なんかどうでもよいと
思いますが。

|

« 次世代半導体 | トップページ | 韓国外交 »

ニュース」カテゴリの記事