« 航空戦術教導団 | トップページ | ホンダとグーグル »

自動車業界の明暗

アベノミクスで円安が進行進行しています。

自動車メーカーの業績が回復基調に
乗っています。
でも、日産自動車だけが元気がないようです。

世界販売台数で、トヨタ自動車が
年間1000万台に迫っています。
ホンダは2013年9月に発売した「フィットHV」や
軽自動車の「N」シリーズが快走、北米市場も
好調で「16年度600万台」の目標達成が
見えてきたそうです。

日産だけが「置いてけぼり」のようです。

日産自動車は2013年度通期の業績予想を、
連結売上高予想を従来の10兆3700億円から
10兆1900億円に引き下げたそうです。
連結営業利益は6100億円から4900億円に、
連結当期利益も従来の4200億円から
3550億円と15.4%引き下げたそうです。
新興国の販売が減少したそうです。

でも、トヨタやホンダは利益を上げていますからね。
今年は正念場です。

|

« 航空戦術教導団 | トップページ | ホンダとグーグル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事