« 名護市長選 | トップページ | サントリーのアメリカ製品 »

名護市の選挙の影響

沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場の

名護市辺野古への移設反対を
主張した現職の稲嶺進氏の再選をしました。
自民、公明両党の間にすきま風が
吹いているそうです。
自民党は敗れた移設推進派の
末松文信氏を擁立したものの、公明党が
自主投票を決めた県本部の意向を黙認し、
組織票の多くが稲嶺氏に流れたと
みられているそうです。
4000票の差でした。
公明党が協力したら勝っていたかも
知れません。
何のための連立でしょうかね。
このまま軌道修正できなければ11月に
予定される県知事選も基地移設の賛否を
争点に与党分裂選挙になる可能性が出てきたそうです。
自民党は、公明党と別れた方がよいと
思いますよ。
憲法改正や集団的自衛権でも意見が
異なります。
公明党の議員はどんどん減っていますから、
必要がないと思います。

|

« 名護市長選 | トップページ | サントリーのアメリカ製品 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事