« 街角景気 | トップページ | スマホの画面をテレビに接続 »

対中投資

中国商務省が16日に2013年の
中国への外国直接投資(FDI、実行ベース)を
発表しました。

世界全体からの投資実行額は1175億8600万ドルで
同5・3%増えたそうです。

日本からは70億6400万ドル(約7400億円)と
前 年比で4・3%減少したそうです。
前年割れは3年ぶりだそうです。

日中関係の悪化で新規の大型投資を
見送る動きが強まったそうです。
自動車や電機など製造業の進出がほぼ一巡し、
金融 や流通、サービス業など小型案件に
軸足が移ったことも背景にあるそうです。

国・地域別では欧州連合(EU)加盟28カ国から18・1%増、
米国が同7・1%増だそうです。
韓国は同0・2%の微減だったそうです。

日本は政治リスクを考えて、アジアに移っています。
でも市場は魅力ですから、小売りは投資していますね。

リスクは分散しておくべきです。

それにしても、以前の投資よりかなり減少していますね。

|

« 街角景気 | トップページ | スマホの画面をテレビに接続 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事