« ソニーのパソコン事業 | トップページ | ソニーの業績 »

韓国の低迷

台湾の記事です。
日本と韓国の製造業が「円安ウォン高」に
より明暗が分かれているそうです。

報道によると、日韓は鋼材や自動車の
部品において競い合うことが多々あるそうです。

ウォン高により韓国の輸出業者は大打撃を受け、
円安により日本の輸出企業は業績が好調だそうです。

韓国のサムスンをはじめとする輸出が
中心の企業の中には、ウォン高の対応策として
生産拠点を海外に移したり、付加価値の高い
商品を販売する対策に出る会社も
現れているそうです。

韓国最大の製鉄会社・POSCOは先日、
2013年の販売利益が18%減少したそうです。
これは韓国の製造業における低迷を示しているそうです。

韓国は、結局、財閥企業だけが強いのです。
日本と競争している業種ってほんの一部です。

財閥企業を優遇する政策なので他の企業や、
中小企業はよくなりません。
そこを変えないと韓国はよくなりませんね。

|

« ソニーのパソコン事業 | トップページ | ソニーの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事