« イエレン議長 | トップページ | 韓国の低迷 »

ソニーのパソコン事業

ソニーが「VAIO」ブランドのパソコン事業です。

再建に向け、国内投資ファンドの
日本産業パートナーズ(東京)と
新会社をつくって事業を移す交渉に
入ったそうです。

パソコンを含む電機事業の不振が続いており、
抜本的なてこ入れが必要と判断したそうです。

 「VAIO」は1996年に発売され、洗練された
デザインなどで世界的に人気を集めました。

ただパソコンはアジアのメーカーなどとの
競争が激しく値下がりが続き、各社とも
採算確保が厳しい状況のようです。

ファンドの出資を得て販売の効率化などを
進める目的があるそうです。

「VAIO」の大半はすでに他社への
委託も含めて海外生産だだそうです。
国内では唯一、長野県安曇野市の

拠点で一部の製品の生産をしているそうです。

製品自体はよいですね。
根強い人気があります。

やっぱり競争が激しくなっていますから、
勝てませんね。
難しい事業です。

|

« イエレン議長 | トップページ | 韓国の低迷 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事