« 携帯電話の通信障害 | トップページ | 北海道電力 »

韓流ブーム

韓流ブームが終わろうとしています。


K-POPの日本国内での著作権収入が激減しているそうです。


著作権収入とは、テレビ、ラジオ、コンサートで
韓国の音楽が使われる時に発生する使用料のことです。


日本音楽著作権協会(JASRAC)を通じて
韓国側に支払われるそうです。
この一年で40%も減ってしまったそうです。


以前は韓流ブームに乗って日本での
著作権収入が増加していたそうです。
2010年に35億ウォン(約3億4千万円)、
2011年に94億ウォン(約9億円)、
2012年に110億ウォン(約10億5千万円)
だそうです。


ところが、昨年からブームが一気に収束し、
昨年度は67億586万ウォン(約6億2000万円)と
40%も減少したそうです。
今年度はさらに落ち込むそうです。


この原因について「日韓関係の悪化」
「安倍政権の発足による日本社会の急速な右傾化」と
分析したそうです。


韓国が、勝手に慰安婦問題や竹島問題を

出したからですね。
でも、中国と韓国は、一歩下がって付き合った
方がよいですね。


|

« 携帯電話の通信障害 | トップページ | 北海道電力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事