« 国公立2次試験 | トップページ | 児童養護施設のドラマ »

中国の日本企業への提訴

菅義偉官房長官は26日の
記者会見です。

戦時中に「強制連行」されたとして、
中国人元労働者らが日本企業に
損害賠償を求める提訴をしているそうです。

三菱マテリアル(旧三菱鉱業)と
日本コークス工業(旧三井鉱山)の
2社を相手に損害賠償を求めているそうです。

中国で行ったことについて
「先の大戦にかかわる日中間の請求権問題は
存在していない」との考えを示したそうです。

戦時賠償は、1972(昭和47)年の
日中共同声明で、中国が日本への
請求権を放棄しているそうです。

韓国も同じだったのですが、裁判で勝ちましたね。
おかしい国です。

今回の中国でどうするでしょうか。

これは、注目です。
提訴されると、ますます日本企業は
中国に行きませんね。
もう日本企業は韓国にはいきませんから。

|

« 国公立2次試験 | トップページ | 児童養護施設のドラマ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事