« 田母神氏の慰労会 | トップページ | XPの終了 »

トヨタのリコール問題

トヨタのリコール問題です。

米司法省は19日、トヨタ自動車による
2009~10年の大量リコール(回収・無償修理)を
めぐる情報開示が不徹底だったとして、同社が
12億ドル(約1200億円)を支払うことで
和解したと発表したそうです。

自動車メーカーが米当局に支払う和解金額としては
最大規模となるそうです。

司法省によると、トヨタはリコールに
つながった「意図せぬ急加速」についての
苦情をユーザーから受けながら、米当局に対し、
乗用車に欠陥がある可能性の十分な報告を
怠るなど情報公開に問題があったとしているそうです。

結局、エンジンには、欠陥は見つかりませんでした。
個人が買ったマットの問題はありましたが。

トヨタの責任ではありませんでした。
完全に、アメリカのやらせですよ。
GMが、倒産しましたからね。
世界一の自動車メーカーは、トヨタですからね。
アメリカは、トヨタを潰したかったのです。
自動車はアメリカの象徴ですからね。
半導体摩擦がありました。
自動車摩擦は続いています。
1200億円って絶対におかしいと思います。
個人の損害賠償もありますからね。
日本人はよく考える必要があります。

|

« 田母神氏の慰労会 | トップページ | XPの終了 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事