« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

TPPの日米協議

産経新聞社とFNNの合同世論調査です。

TPPの日米協議についての世論調査の
結果だそうです。

「妥協するくらいなら合意すべきではない」との
回答が53・9%に上ったそうです。
「合意するためには妥協はやむを得ない」(33・6%)を
上回ったそうです。

安倍晋三首相とオバマ米大統領の24日に
日米首脳会談がおこなわれました。

最大の焦点となった環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の
日米協議は大筋合意に至らず、日米共同声明には
「前進する道筋を特定した」との抽象的な表現が
盛り込まれました。

国民は、わかっています。
日本は、ある程度譲歩したようですが、アメリカが
強硬にいろいろな難題をだしてきたようです。

今の、オバマ大統領では、まとまらないかも
知れません。
大統領に一任されていませんからね。

他の国も同じことを考えています。

|

エクスプローラー

米国土安全保障省の発表だそうです。


ハッカー攻撃にさらされる危険があるとして、
米マイクロソフト社の閲覧ソフト
「インターネット・エクスプローラー」を
使わないよう警告したそうです。
代替ソフトの使用を呼び掛けたそうです。


バージョンが「6」から「11」までの
インターネット・エクスプローラーが攻撃を
受けた場合、大きな危険につながる恐れが
あるそうです。


マイクロソフトは、これについてどうするのでしょうかね。
早急に、対策を打ってほしいですが。


ウィルスに感染したら困りますね。

|

沖縄県沖縄市長選

沖縄県沖縄市長選は27日投開票されました。

いずれも無所属新顔で、保守系の
桑江朝千夫(くわえさちお)・前自民県議(58)が
当選しました。
自民、公明推薦、民主、維新、そ うぞうが支持したそうです。

革新系の島袋芳敬(しまぶくろよしのり)・
前副市長(64)を下しました。
共産、生活、社民、沖縄社会大衆が推薦したそうです。

投票率は57・73%だったそうです。

秋の知事選の前哨戦として、自民党は党を挙げた
総力戦を展開したそうです。

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への
移設賛成派に、弾みがつく結果となったそうです。

これは、良かったですね。

でも、思うのは、社民党は、民主党政権の時に辺野古へ
の反対をしましたが、何一つ代替案を出しませんでした。
本当に無責任な政党だと思いますが。

|

麻生氏の発言

麻生太郎財務相は25日の閣議後会見の発言です。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉について
「オバマ(米大統領)が国内で全部まとめきれる力は
今ないだろう」と述べたそうです。

11月の米議会中間選挙まで結論を出すのは
難しいとの見方を示したそうです。

麻生財務相はTPPの日米協議が大筋合意に
至らなかったことに「仮にフロマン(米通商代表)と
甘利(TPP担当相)でまとまっても米議会を通る保証は
ない」とし、日米協議を「継続していくのは極めてまともな話だ」と
語ったそうです。

そうでしょうね。

正しいでしょうね。
今のアメリカの議会は、共和党が強いですからね。
まとまらないでしょうね。

今回も、オバマ大統領のリーダシップは
あまり見えなかったですね。

アメリカ国民が失望するのがわかります。

|

iPS細胞

iPS細胞の研究が着々と進んでいます。

京都大などのグループがヒトのiPS細胞
(人工多能性幹細胞)を、高い品質を
保ちながら大量培養する新技術を
開発したそうです。

従来の技術より生産規模を拡大しやすく、
大量のiPS細胞が必要な脊髄(せきずい)
損傷などの再生医療に適した量を安定供給する
実用システムにつながると期待されるそうです。

米科学誌ステムセルリポーツ電子版に
25日発表するそうです。

STAP細胞は、いろいろもめていますが、
iPS細胞は、着々と進んいるようです。

大量に培養する技術が安定的に
できるのであればよいですね。

iPS細胞は、山中教授だけではなくて、
いろいろな所で開発されているのですね。

堅実です。

|

アップルの業績

アップルの業績が増益のようです。

米アップルが23日、2014年1~3月期決算を
発表しました。

売上高が前年同期比4.7%増の456億4600万ドル
(約4兆6800億円)だったそうです。
純利益が7.1%増の102億2300万ドル
(約1兆0500億円)だったそうです。

売上高は1~3月期としては過去最高だそうです。
増益は5四半期ぶりだそうです。

スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の
販売が伸びたほか、音楽や映画などの配信サービスが
好調だったそうです。

高いiPhoneがアメリカと日本で売れていますからね。
ドコモも販売を始めましたから。
利益への貢献も大きいと思います。

でも、今後は、格安のスマートフォンがどんどん
発売されていますから、わかりませんね。
競争がどんどん激しくなります。

        

|

釜山と博多の船旅

韓国・釜山港から福岡市・博多港への
船旅のキャンセルが相次いでいるそうです。

韓国の旅客船沈没事故の影響のようです。

22日現在で約2千人に上っているそうです。
運航会社から「先が見通せない」との声も
出ているそうです。

博多-釜山で大型フェリーを運航する「カメリアライン」
(福岡市)によると、事故後、韓国の五つの高校が
修学旅行を取りやめ、約1500人の旅客減になっているそうです。

博多-釜山を結ぶJR九州高速船(福岡市)も
韓国の旅客約500人がキャンセルしたそうです。

今回の事故は、日本への影響も大きいのですね。
韓国からの船旅のキャンセルもあるのですね。

日本のフェリーでは、あのような事故は想定できませんが、
影響は大きいですね。

|

ボストンマラソン

今年もボストンマラソンがおこなわれました。

ボストン・マラソン(Boston Marathon)は
世界で最も長い歴史を誇っているそうです。
21日、今年も開催されました。


3万6000人のランナーが参加し、沿道は声援を
送る観客であふれたそうです。


昨年は、ゴール付近での2度の爆発がおきて、
多数の死傷者がでました。


今大会は、昨年の2倍の3500人の警察官が
出動する厳戒態勢の中で開催されたそうです。


無事に終わって良かったですね。
これからも安全に続けばよいですね。

|

韓国船の沈没

韓国船の沈没で被害が広がっています。

韓国・珍島沖の旅客船沈没事故です。
300人を超す死者・行方不明者が出ています。

社会の安全重視を掲げている朴槿恵(パク・クネ)政権に
打撃を与えているそうです。

韓国各紙は「韓国は『三流国家』だった」
「国民が不信の烙印(らくいん)を押した“じたばた政府”」
などの見出しを掲げた記事を相次いで掲載しているそうです。
政権の対応を批判しているそうです。

対応が遅すぎますね。
人命第一なのに、全然進んでいません。

救助とか軍隊とかを迅速に派遣すべきです。

日本も援助すると言いましたが、韓国は
断りました。

日本の方が、救助艇や自衛隊の設備、経験が
全然違いますからね。
地震、台風などの被害がすごいですから。

中国と同じように面子の時ではないと
思いますが。
でも、時間的に、経過しすぎていますから生存している
可能性は、少ないでしょうね。

|

安倍首相がタイム誌の表紙に

安倍首相が19日発売の米タイム誌

アジア版の表紙を飾るそうです。
首相としては2回目で、首相ではない時も
含めると、通算4回目の登場だそうです。

首相経験者では過去最多の中曽根、
小泉両元首相と並ぶそうです。

ただ、記事の中身は「首相に厳しい」(首相周辺)そうです。
表紙には「愛国者」の見出しと、
「安倍晋三はより強い日本を夢見る。なぜ多くの人々を
不快にさせるのか」との説明が付されたそうです。
6ページにわたる本文でも、昨年末の
靖国神社参拝を巡る中韓両国の反発や
米国の「失望」などが紹介されているそうです。
気にする必要はありませんよ。
結局、アメリカの力が弱くなったのが
原因ですよ。
アメリカのマスコミって結局、自分だけですからね。
オバマ大統領は、ウクライナ、シリアなどで、
全然、存在感がありませんからね。
良くも悪しきもタイムにのるということは
注目されています。
いいことですよ。
一番悪いのは、相手にされないことです。

|

道路標示「あ、危ねー!」

 「あ、危ねー!」というドキリとする道路標示が
あるそうです。

福岡県吉富町の町道にお目見えしたそうです。
ドライバーに速度を落としてもらおうと町が
社会実験として導入したそうです。

現場は通学路だが、道幅が狭く歩道もないうえ、
朝夕は迂回(うかい)路になるので車が
増えるそうです。

路肩の補修費などを含め約580万円かけて、
路上に文字を書いたそうです。

「飛び出す!」「ゆっくり!」の表示も
同時に登場しやそうです。

親しみやすさと注目度を意識したということです。

なかなか面白いですね。
ユニークです。

「あ、危ねー!」は、方言ですね。
普通は、危ないですからね。
地元の人には、わかりやすいと思います。

|

リニア技術

日本はアメリカにリニア技術を

無償供与するそうです。
今月24日の日米首脳会談において、
日本の超伝導リニア新幹線の技術を
米国に無償で提供する方向で調整が
進められているそうです。
安倍政権では、鉄道などインフラ輸出を
成長戦略の一つとして位置付けています。
リニア新幹線の諸外国への売り込みに
力を入れる方針だそうです。
ライセンス料が無料でも、車両などを
たくさん購入してくれれば、元は取れます。
新幹線の技術は、ドイツやフランス、中国などが
持っています。
リニアもたくさん作らないと採算がとれません。
アメリカは広いので、元はとれると
思います。
リニアも東京と大阪だけでは、開発費は
回収できません。

|

中国最大の商談会

中国最大の商談会が開幕したそうです。

中国最大の貿易商談会、広州交易会が15日、
広東省広州市で始まったそうです。

家電や機械部品を売る中国の中小企業など
2万4千社余りが出展したそうです。

経済成長の牽引役である輸出が振るわず、
少しでも多くの契約を取ろうと自社製品を
懸命に売り込んでいるそうです。

広州交易会は半年ごとに開かれ、中国製品を
買い付けるために世界中から購買担当者が
訪れるそうです。
主催者は前回並みの約20万人の来場者を
目指しているそうです。

でも、輸出の貿易額は、まだ伸びています。
でも、輸出が振るわないのですか。

何故か、矛盾がありますね。
よくわかりませんが。

|

河野談話の検証

河野談話の検証を始めるようです。

慰安婦募集の強制性を認めた
「河野洋平官房長官談話」の
作成過程の検証についてです。

政府関係者は14日夜、6月22日までの
通常国会会期中にも結論を出す意向を
示したそうです。

談話の作成段階で韓国側とすり合わせを
行った経緯などで一定の結論を出す見通しのようです。

政府は検証チームの構成メンバーに
ついて法律の専門家やマスコミ関係者、
女性などから人選を進めているそうです。

5月の連休明けにも作業に取りかかるそうです。

いいことです。
アメリカ人など他の国の人もいれるとよいですね。
そして、結果を世界に発信すればよいと
思います。

本当は、新しい談話を出した方がよいですが。

|

中国の大気汚染対策

中国の大気汚染対策です。

北京周辺では昨年5月以来、
大気汚染が基準を上回る日が
月平均で6割を超える状態だそうです。

汚染の主要原因の一つが工場の排気だそうです。

北京市は深刻化する大気汚染対策として、
汚染源である企業約500社を今年中に
市外へ退出させるそうです。

このうち、製鉄会社など32社には最高で300万元
(約5千万円)の補助金を支払うことが既に
決まっているそうです。
企業活動を継続するか廃業するかは企業に
任せるそうです。

退出を求めるのは製鉄のほか、化学、れんが工場などで、
排出する汚染物質が市の定めた基準を
上回っている企業だそうです。

暫定対策ですね。
結局、大気は悪くなります。

新しい設備やクリーンなエネルギーにしないと
ダメだと思いますが。
やっぱり、優先順位ですよ。

|

充電のインフラ

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、
三菱自動車の4社が、電気自動車
(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)用の
充電インフラ整備を進める新会社を、
5月末にも共同出資で設立するそうです。

EVとPHVの普及を加速するのが狙いだそうです。

EVやPHVは、1回の充電での走行距離が
限られています。
充電インフラが整っていないことが
普及の足かせになっています。

新会社は急速充電器で一基当たり
数百万円に上る設置費を一部負担し、
ガソリンスタンドやコンビニなどの
事業者に積極的な新設を促すそうです。

長い距離を走れないのが電気自動車の欠点ですね。
充電のインフラ整備は必要ですね。
でも、走行距離を伸ばす方がいいですね。

|

セブンとイオンの業績

セブンとイオンの業績で明暗が分かれているようです。

国内小売り「2強」の2014年2月期決算です。

イオンの売上高は前年より12・5%多い
6兆3951億円だったそうです。
営業利益は10・1%減の1714億円だったそうです。
売上増加は、昨夏にダイエーを子会社化したことなどが
大きいそうです。
利益が減ったのは、赤字が続くダイエーが足を
引っ張ったほか、主力の総合スーパーで
衣料品が不振だったそうです。
セブン&アイ・ホールディングスの売り上げは
5兆6318億円だったそうです。
営業利益は3396億円だったそうです。
コンビニ事業が好調で過去最高益を
達成したそうです。
セブンの方が利益がよいですね。
買い物の主な舞台がスーパーから
コンビニに移りつつあるようです。
コンビニは、競争が激しい分、いろいろな
対策を打っていますからね。

|

景気動向指数

2月の景気動向指数は悪くなったようです。

内閣府は7日、2014年2月の景気動向指数
(CI、2010年=100)速報値を発表しました。

それによると、現在の景気とほぼ一致して動く
「一致指数」は前月比1.8ポイント低下の
113.4となったそうです。
8カ月ぶりに下落したそうです。

大幅上昇した1月の反動減や消費増税への
警戒などが影響したそうです。

景気の先行きを示す「先行指数」は前月比4.6ポイント
低下の108.5と、6カ月ぶりの下落だそうです。

景気の伸びが、あまりよくないようです。

今回の、消費税の影響がどうなるでしょうか。
やっぱり影響があるでしょうね。

消費税の増税は3%なのですが、お店によっては、
20%近くも上がっているところがあります。

やっぱり、消費を考えますね。

|

格安スマホ

また、格安のスマートフォンが

発売されるそうです。
インターネット接続事業者のビッグローブ(東京)です。
8日、携帯電話大手より利用料金が割安な
スマートフォン(高機能携帯電話)を7月に
発売するそうです。
東京都内で事業方針説明会を
開いたそうです。

割安スマホはイオンも今月4日に
発売しています。

どんどん競争が激しくなっています。

端末代金とネット利用料、音声通話基本料を
セットにした定額料金とするそうです。

携帯大手のスマホ利用料金は一般的に
月7千円前後だが、半額程度に抑えるそうです。

3500円ですか。
イオンと同じですね。

各社から安いスマートフォンがでるのは
消費者にとってはよいことです。
自分に最適な、メーカーを選ぶことが
できます。

|

日豪EPA

日本は、オーストラリアとの経済連携協定(EPA)交渉で
合意しました。

安倍晋三首相とアボット豪首相との会談して
記者会見しました。

日本が牛肉にかけている38・5%の関税を
20%前後に引き下げるそうです。
豪州は日本車の関税撤廃に応じるそうです。

やっぱり、一番問題なのは、和牛の
種牛をオーストラリアに売ったことです。
これは、日本は、出すべきではなかったですね。

以前、テレビで放送していました。
現在は、オーストラリアが和牛を生産しています。

そして、オーストラリアは、オージービーフと
和牛で、WAGYUを作りました。

完全に、日本の和牛の生産者の負けですね。
絶対に、守るべきでした。
誰が、オーストラリアに種牛を販売したのでしょうか。

組合とかなかったのでしょうか。
政府で規制をするようにすればよかったと
思います。

過去、鉄鋼、製鉄、造船、電機、新幹線などの技術を
韓国や中国に教えました。
今は、どうなっているでしょうか。

日本と競合しています。
日本は、もっとしたたかに動く必要があります。

|

梅酒がブーム

梅酒がまたブームになるかもしれません。

梅酒市場が復活の兆しを見せているそうです。

健康志向の高まりなどを受け、平成16年
ごろから女性を中心に人気を伸ばしているそうです。

近年はブームが落ち着いているそうです。

サントリー酒類は4月、糖質を従来品の
約半分に抑えた無色透明の新商品を
発売したそうです。

高付加価値で新規需要の開拓を狙うそうです。

梅の名産地・和歌山県では、地場の酒造会社が
商品ラインアップを強化しているそうです。

健康志向ですからね。
梅酒は、人気があります。
家庭でも作っている人が多いですね。

テレビで、無色の梅酒のCMをやっていましたね。
高級そうでどんな味なのか飲みたいですね

梅酒も進化しています。

|

アメリカの雇用

アメリカの雇用が改善しているそうです。

米労働省が4日、3月の雇用統計を発表しました。

景気動向を反映する非農業部門の
就業者数は季節調整済みで
前月比19万2000人増になったそうです。
前月は19万7000人増だったそうです。

失業率は6.7%と前月から横ばいだったそうです。

就業者数の増加幅は2カ月連続で
19万人台を維持し、一定の雇用改善傾向が
示されたそうです。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、経済が
改善を続ければ秋にも量的緩和を終了し、
その後、事実上のゼロ金利政策を解除
するそうです。

雇用が改善しているのでそのままですね。
でも、株価が上がらないのは、気になりますが。

|

中国が景気刺激策

中国が景気刺激策をおこなうようです。

中国の李克強(リーコーチアン)首相が
2日、内閣にあたる国務院の常務会議を
開いたそうです。

鉄道建設の加速などを指示したそうです。

景気が減速しているため、事実上の経済対策を
打ち出したとみられているそうです。

経済対策の総額は公表されていないようですが、
経済紙の上海証券報は「1兆元(約17兆円)を
超える」そうです。

結局は、インフラなのですね。

民間の設備投資をしないと、景気は
良くなりません。
工場や小売りなどの投資が必要ですね。

雇用は、ある程度確保されるでしょうが。

継続性がありませんからね。

|

消費税の増税の影響

調査会社が消費の状況を調査したそうです。

消費者の約半数が消費増税前に
食品や日用品の駆け込み購入を行い、
約4分の1は4月以降、買い控えを行うそうです。


買いだめの対象となった品目で最も
多かったのがトイレットペーパーだそうです。
1000人中17.8%が買いだめしたそうです。


次いで洗濯用洗剤(同14.4%)、
シャンプー・コンディショナー(同12.6%)、
コメ(同10.3%)、
歯ブラシ・歯磨き(同8.9%)
などだったそうです。


でもですね。
これらって、安売りのときに買いだめしますからね。
それと同じような気もします。


これからの売り上げを注視する必要が
ありますね。

|

あべのハルカス

「あべのハルカス」が人気になっているそうです。

3月7日に大阪市阿倍野区に
「あべのハルカス」が開業しました。
日本一の高層ビルだそうです。
月末までの25日間で来館者が、延べ
約356万人に達したそうです。
1日平均約14万人で、目標の13万人を
上回ったそうです。
ハルカスは、近鉄百貨店、大阪マリオット都ホテルや
オフィスなどが入居する複合ビルだそうです。
最上階に展望台があるそうです。
それぞれの来館者数は、
展望台17万人、
ホテル6万人、
美術館3万人、
百貨店323万人
だそうです。
複合ビルは人気ですね。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »