« 景気動向指数 | トップページ | 充電のインフラ »

セブンとイオンの業績

セブンとイオンの業績で明暗が分かれているようです。

国内小売り「2強」の2014年2月期決算です。

イオンの売上高は前年より12・5%多い
6兆3951億円だったそうです。
営業利益は10・1%減の1714億円だったそうです。
売上増加は、昨夏にダイエーを子会社化したことなどが
大きいそうです。
利益が減ったのは、赤字が続くダイエーが足を
引っ張ったほか、主力の総合スーパーで
衣料品が不振だったそうです。
セブン&アイ・ホールディングスの売り上げは
5兆6318億円だったそうです。
営業利益は3396億円だったそうです。
コンビニ事業が好調で過去最高益を
達成したそうです。
セブンの方が利益がよいですね。
買い物の主な舞台がスーパーから
コンビニに移りつつあるようです。
コンビニは、競争が激しい分、いろいろな
対策を打っていますからね。

|

« 景気動向指数 | トップページ | 充電のインフラ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事