« 中国が景気刺激策 | トップページ | 梅酒がブーム »

アメリカの雇用

アメリカの雇用が改善しているそうです。

米労働省が4日、3月の雇用統計を発表しました。

景気動向を反映する非農業部門の
就業者数は季節調整済みで
前月比19万2000人増になったそうです。
前月は19万7000人増だったそうです。

失業率は6.7%と前月から横ばいだったそうです。

就業者数の増加幅は2カ月連続で
19万人台を維持し、一定の雇用改善傾向が
示されたそうです。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、経済が
改善を続ければ秋にも量的緩和を終了し、
その後、事実上のゼロ金利政策を解除
するそうです。

雇用が改善しているのでそのままですね。
でも、株価が上がらないのは、気になりますが。

|

« 中国が景気刺激策 | トップページ | 梅酒がブーム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事