« セブンとイオンの業績 | トップページ | 中国の大気汚染対策 »

充電のインフラ

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、
三菱自動車の4社が、電気自動車
(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)用の
充電インフラ整備を進める新会社を、
5月末にも共同出資で設立するそうです。

EVとPHVの普及を加速するのが狙いだそうです。

EVやPHVは、1回の充電での走行距離が
限られています。
充電インフラが整っていないことが
普及の足かせになっています。

新会社は急速充電器で一基当たり
数百万円に上る設置費を一部負担し、
ガソリンスタンドやコンビニなどの
事業者に積極的な新設を促すそうです。

長い距離を走れないのが電気自動車の欠点ですね。
充電のインフラ整備は必要ですね。
でも、走行距離を伸ばす方がいいですね。

|

« セブンとイオンの業績 | トップページ | 中国の大気汚染対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事