« 母の日 | トップページ | 東南アジア諸国連合首脳会議 »

南シナ海のトラブル

中国とベトナムが領有権でトラブルに

なっています。
中国と東南アジア諸国は1960年代末期から
摩擦を繰り返してきたそうです。
南シナ海は、豊富な海洋資源を埋蔵し
海上交通の要衝でもあります。
74年にはパラセル諸島で南ベトナム軍(当時)と
衝突し、同諸島全域を掌握したそうです。
88年にもスプラトリー諸島でベトナム軍を攻撃し、
一部の島を実効支配下に置いたそうです。
さらに92年に米軍がフィリピンから撤退すると、
フィリピンが領有権を主張していた同諸島の
ミスチーフ環礁を95年に占拠したそうです。

中国は米国の軍事力への対抗もあるそうです。

でも、オバマ大統領では、難しいですね。
次は、もっと強い大統領でないと、中国は
抑え込めないでしょうね。

東シナ海より南シナ海の方が
トラブルになりそうですね。

|

« 母の日 | トップページ | 東南アジア諸国連合首脳会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事