« 中国のバブル | トップページ | 国家公務員の扶養手当 »

今世紀末の日本

今世紀末の日本はどうなうのでしょうか。

環境省は6日、今世紀末の日本を
予測しました。

温室効果ガスの排出が今のペースで
増えると、最高気温が30度以上の
真夏日が今世紀末に全国平均で
年間約50日増えるそうです。

東京都は現在の48・5日から
100日程度に増えるそうです。

那覇市は1年の半分と倍増するそうです。
現状8日の札幌市でも1カ月強が真夏日になるそうです。

平均気温は全国平均で4・4度上昇するそうです。
東京都は現在の約16度から奄美大島並みの
20度程度に“亜熱帯化”するそうです。

日本は、それでも、排出ガスは、世界的に
少ないです。
中国や、アメリカが対策をおこなわないと
この問題は解決しませんね。
彼らが、対策をするとは思いませんが。

|

« 中国のバブル | トップページ | 国家公務員の扶養手当 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事