« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ウィグルの騒乱

新疆ウイグル自治区南西部のカシュガル地区

ヤルカンド県で28日未明に衝突が起きたそうです。
暴徒が地元警察署などを襲撃後、漢族の
住民なども襲って数十人の死傷者を出し、
暴徒数十人が射殺されたそうです。
数百人から1000人規模のウイグル族
住民を巻き込んだ大規模な騒乱だったそうです。
衝突現場から約150キロ・メートル離れた
カシュガル地区中心部でも、武装警察の
装甲車など多数の警察車両が巡回し、
厳戒態勢が敷かれたそうです。
インターネットは遮断され、ほとんどの商店は
当局から営業停止を求められたそうです。
中国では、各地で騒乱が起こって
います。
中国政府への不満もあるそうです。
こういう少数民族の暴動も
あるそうです。
このままいくと大変ですね。

|

空家率

空家率が増えているそうです。

総務省の住宅・土地統計調査(速報値)です。
全国の空き家数は昨年10月1日時点で
820万戸となったそうです。
住宅総数に占める割合は13.5%だったそうです。
住宅が供給過剰で、条件の悪い空き家の
売却、賃貸が困難な状況になっているそうです。
人口減少で空き家は今後、増加するそうです。
景観の悪化や老朽化による倒壊の
問題もあり、国や地方自治体の対策が
急がれます。

住んでいない家が多くなっています。
危ないですね。

|

小保方晴子氏が負傷

理化学研究所・小保方晴子氏が、

23日夜にNHK取材陣から強引な
追跡取材を受け負傷したそうです。
小保方氏は、NHK取材陣に神戸市内のホテル内で
エスカレーターで“挟み撃ち”されるなどし、
逃げようとした際に負傷したそうです。
24日夕に神戸市内の病院で「頸椎ねんざ」
「右ひじ筋挫傷」で全治2週間と診断されたそうです。
小保方氏の代理人・三木秀夫弁護士は29日
午前に大阪市内で取材対応したそうです。

いまだにNHK側から治療費などに関する
問い合わせがないそうです。

NHK側は籾井勝人会長が28日に
デイリースポーツなどの取材に、小保方氏への 
強引取材に関して「まったくもって論外」
「誠に申し訳ないと思っております」と謝罪したそうです。 

きちんと、加害者のスタッフと本人の前で謝罪すべきですね。
NHKも変更報道がおおいですからね。
マスコミに対するこういう取材は、規制すべきですね。

|

ニカラグア運河

中国企業の出資するプロジェクトが12月、

南米ニカラグアにおいて開始されるそうです。
費用は400億ドル以上だそうです。
国のシンボルであるニカラグア湖も利用して、
国を横断する人工運河の建設が予定されているそうです。
計画によると2014年12月、大西洋と太平洋を
結びニカラグアの国土を278kmにわたって
曲がりくねって進む運河の建設工事が
始まる予定だそうです。
すごいですね。
4兆円だそうです。
金額もすごいです。
運河ができればすごいですね。
何年かかるのでしょうか。

|

アジアインフラ投資銀行と韓国

中国がアジア各国と共同で設立を検討している

「アジアインフラ投資銀行」です。
韓国では参加の是非をめぐって
議論が活発化しているそうです。
韓国はアジアインフラ投資銀行への
加盟の条件として、投資銀行の副総裁に
韓国人を起用すること、投資銀行の
本部をソウルまたは仁川に置くことを
中国側に提示したそうです。
中国は韓国に加盟するよう説得しているが、
韓国には投資に関する決定権は与えられないそうです。
でも、中国が中心になるのが目的ですからね。
決定権は、韓国にはありません。
韓国が参加しても、あまり日本には関係
ありませんから。
どちらでも、よいですね。
アメリカは、反対するでしょうが。

|

病死の豚

中国国営新華社通信(英語版)だそうです。

病気などで死んだ豚を業者に売り渡したなどとして、
安徽省宿州市(土へんに甬)橋区にある動物検疫当局で
トップを務める男が逮捕されたそうです。

男は、この動物検疫当局が集めた病気などで
死んだ豚138頭を業者に1頭約200元
(約3300円)で売ったそうです。

男は業者に食肉加工業者の連絡先まで教えていたそうです。

ほかにも、男はこれまでに20以上の業者から
賄賂を受け取り、検疫などを免除していたそうです。
このため違法に処理された肉が市場に
出回ったそうです。

こういうニュースがあるたびに、中国産の食品に
疑問が出ますね。

通常は、病死の豚を売りますか。
考えられません。
それが、中国でおこなわています。

日本は、輸入を考え直す時期ですね。

|

大暑

23日の日本列島は、文字通りに

一年で最も暑い時期とされる
二十四節気の「大暑」になったそうです。

全国16地点で最高気温が35度以上の
猛暑日となったそうです。

気象庁によると、各地の最高気温は、
滋賀県東近江市と愛媛県新居浜市が、
ともに地点の今年最高となる35.9度を
記録したそうです。

高知県四万十市と宮崎市が35.6度
などだったそうです。

これらを含め、30度以上の真夏日に
なったのは全国527地点だそうです。

毎年、暑くなっているような気がします。

水分の補給や、適切に冷房を使う必要が
ありますね。

|

韓国で列車が衝突

韓国は、事故が多いですね。

死傷者もよく出ます。

韓国北東部の江原道太白(カンウォンドテベク)市の
鉄道路線で、22日午後5時50分ごろ、
列車同士が衝突したそうです。

衝突で双方の列車各1両が脱線。
乗客1人が死亡し、92人が重軽傷を
負ったそうです。

死亡したのは60代の女性乗客で、負傷者は
付近の病院へ次々と搬送されたそうです。

停車していた普通列車に、観光用列車が
駅構内で停車せず、そのまま走行し
正面から衝突したそうです。

日本のように、自動停止装置がないのでしょうかね。
列車事故もよくおこります。

先日の、船の事故も悲惨でした。
安全なインフラを作る必要があります。

|

世論調査

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が
19、20両日に合同世論調査を実施しました。

安倍晋三内閣の支持率は前回調査(6月28、29両日)
より3・1ポイント減の45・6%となったそうです。

一昨年12月の第2次内閣発足後、支持率は
最低の数字を記録したそうです。
「支持しない」は40・2%と初めて4割を超えたそうです。

安倍政権への評価をみると、安倍首相の人柄と
指導力について「評価する」がそれぞれ62・2%、
55・4%と、いずれも「評価しない」の
27・2%、32・6%を上回ったそうです。

これに対し、景気・経済対策は「評価しない」が
47・1%と「評価する」の39・4%を上回り、
前回調査から逆転したそうです。

集団的自衛権には反対でも、機雷の除去では
賛成というのは、おかしいですよね。

同じことですから。
国民もよくわかっていないのでしょうか。
よくわかりませんね。

集団的自衛権について、マスコミも、反対ばっかりでは
なくて、もっと客観的な意見が欲しいですね。

国民はわかりません。

|

小沢氏

生活の党の小沢一郎代表です。

かつての存在感を失いつつあるそうです。

自民党による「1強多弱」の打破を
目指し野党結集を呼びかけているそうです。

けんか別れをした民主党は笛吹
けども踊らずだそうです。

野党再編に前向きな日本維新の会の
若手とも交流を重ねているそうです。

政党をつくっては壊した“小沢アレルギー”は
今も政界に蔓延(まんえん)しているそうです。

生活の国会議員は衆参合わせても
9人だそうです。

少なくなりました。
最近は、影が薄くなっていますね。

次の選挙では、生活の党はなくなりますよ。
お金は持っているでしょうが、もう、
昔のような、力はありませんね。

生活の党では、次の選挙は勝てません。

|

北海道にカブトムシ

北海道には元々、カブトムシはいなかったそうです。

もともと北海道に生息しないカブトムシを
飼い主が野外に放つ問題がでているそうです。

道内の生態系に悪影響を及ぼすのを
防ぐため、道は18日、ペットを販売する
ホームセンターなどで「捨てないでネ」と
書かれたリーフレットの配布や掲示をしているそうです。

夏休みを前にした子供らに、最後まで責任を
持って飼うよう呼び掛けているそうです。

在来種のクワガタムシと競合し駆逐する
可能性があるなど生態系への影響が
最も懸念されるそうです。

知りませんでしたね。
北海道には、カブトムシはいないのですか。
最近、気温も上がっていますから、
冬を越せるのでしょうね。
気を付けないといけませんね。

|

直木賞と芥川賞

日本文学振興会は17日、

『第151回芥川賞・直木賞(平成26年度上半期)』の
選考会を東京・築地「新喜楽」で開いたそうです。

芥川龍之介賞に柴崎友香氏(40)の
『春の庭』(文學界6月号)、
直木三十五賞に黒川博行氏(65)の
『破門』(KADOKAWA)を選出したそうです。

なお、芥川賞の柴崎氏は候補4度目にして
受賞を決め、直木賞の黒川氏は候補6度目に
して念願の受賞を手にしたそうです。

毎年の恒例の賞です。

今年の本も人気が出ますね。
最近は、女性の受賞も増えました。

早く読んでみたい気もします。

|

新開発銀行

「新開発銀行」の設置が、新興5カ国(BRICS)

首脳会議で決まったそうです。

世界銀行や国際通貨基金(IMF)が主導する

国際金融の枠組みである「ブレトンウッズ体制」
への挑戦を意味するそうです。

「新開発銀行」は、世界第2の経済大国で、
世界一の外貨準備高を誇る中国が主導権を
握るそうです。

上海で5月に開かれた「アジア信頼醸成措置会議
(CICA)」の場で、中国やロシアが掲げた安全保障に
おける日米欧への対抗軸が、経済面にも
拡大することになるそうです。

新興国の発言を大きくしたいというのも
ありますね。

ロシアの経済もよくないですから、
発言を大きくしたいというのも
ありますね。

|

老老介護

老老介護が増えているそうです。

15日に国民生活基礎調査が
公表されました。

「老老介護」の世帯とは、介護が必要な65歳以上の
高齢者がいる世帯のうち、介護する側も65歳以上という
の世帯です。

その割合が平成25年時点で51・2%と
半数を超えたそうです。
過去最高となったそうです。

老老介護の世帯は年々増える傾向だそうです。

65歳以上同士の世帯は前回調査の
22年時点から5・3ポイント増えたそうです。

75歳以上同士の世帯も過去最高の
29・0%だそうです。

社会問題ですね。
これからもっと増えますね。

|

安倍外交

安倍外交が評価されているそうです。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターの

世論調査結果だそうです。

東南アジア諸国、とりわけ中国と対立する
フィリピン、ベトナムが日本と
安倍晋三首相の外交政策を高く評価しているそうです。

一方、中国と周辺国との領有権争いは
武力衝突に発展すると懸念しているそうです。

安倍首相に対する評価は
(1)ベトナム65%
(2)日本58%
(3)マレーシア57%
(4)バングラデシュ56%
(5)フィリピン55%
米国でも49%だそうです。

対照的に中国、韓国は、それぞれ
15%、5%で批判的だったそうです。

一方、中国に対する脅威認識は
ベトナム(74%)、日本(68%)、
フィリピン(58%)などで高いそうです。

安倍首相が精力的に外交しています。
評価がよいのですね。

いいことです。
中国という敵がいますからね。

中国と韓国は、日本が的ですが、それ以外は、
中国が敵になっています。
当分は続きますね。

|

本庁舎に新電力

全国の都道府県が、本庁舎で使う
電力の購入先を大手電力会社から、
電気料金が割安の新電力に切り替える
動きが相次いでいるそうです。

この1年間で前年の1・5倍に増えたそうです。
現在までに全体の半数近い21道府県に
達したそうです。

原発停止の影響で大手電力が料金の
値上げに動いています。
平成28年の電力小売り全面自由化を
視野に新電力が存在感を高めているそうです。

新電力の数は200社を超えるが、大口向け
電力市場に占めるシェアは5%未満だそうです。

東北、北陸、四国、沖縄電力管内の
本庁舎はまだだそうです。

電力の自由化を早急にして欲しいですね。
やっぱり、消費者が選べないとダメですね。

|

米中戦略・経済対話

米中戦略・経済対話は10日、2日間の

日程を終えて北京で閉幕しました。
米国と中国の閣僚が外交、安全保障や
経済政策などについて意見を交換する会議です。
双方の代表による共同記者会見では
サイバー攻撃、中国の対外拡張、為替問題
などについて「話し合いによる解決を目指す
ことで一致した」といった表現が多く使われたそうです。
重要問題で前進がなかったそうです。
結局、中国はアメリカは、何もできないと
思っていますからね。
オバマ大統領は、外交は本当に力が
ないですね。
アメリカ自体かも知れません。
中国も知っていますからね。
日本も集団的自衛権などで動かざるを
得なくなっています。

|

早期解散説

政府・自民党内で早ければ年内の
衆院解散・総選挙がささやかれているそうです。

「1強多弱」を打破できていない
野党は警戒を募らせているそうです。

民主党では早期解散を視野に海江田万里代表の
退陣論がくすぶっているそうです。
他の野党も再編に向けた動きを活発化
させているそうです。

でも反自民党の受け皿に至っていないそうです。

維新の会も分裂しました。
結いの党との合流もなかなか

進みません。

民主党を解体して集まった方がよい党が
できるような気がします。
そうでないと、次の選挙では、民主党は
なくなりますよ。

|

自殺者

自殺者が減ったそうです。

警察庁の統計(速報値)だそうです。

今年1~6月の自殺者は1万2731人で、
昨年同期と比べ1607人(11・2%)減ったそうです。

上半期に1万5千人を下回ったのは
3年連続だそうです。
月別統計が始まった平成21年以降で
最少だったそうです。

今年は昨年同期より増加した月は
なかったそうです。
男女別では男性8781人、女性3950人
だったそうです。

一般的に、景気がよくなると自殺者は、
減りますね。
悪くなると増えます。

景気がこのままよくなれば、減ると思いますよ。

|

AKBの握手会

AKBの握手会が再開したそうです。

5月の襲撃事件で見合わされていた
AKB48の握手会が41日ぶりに
再開したそうです。

AKBグループは、「会いに行けるアイドル」が
コンセプトだそうです。
握手会はファンと身近に触れ合える
重要なイベントだそうです。

安全確保を最重要視したそうです。

そこまでして再開したのは、握手会が
AKB人気の核心であり、そこが崩れると
ファンが大きく減ってしまうからだそうです。

中核メンバーが卒業していく中、一番の
特色を失いたくなかったそうです。

でもですね。
握手会で、売り上げを上げるのって
考えますね。
やっぱり、歌手は、曲や歌やパフォーマンスで
勝負する必要があります。

いい歌って、長く続きます。
人に頼るのではなくて、歌にして欲しいですね。

|

維新の会と結いの党

維新の会と結いの党の合流が
先になるそうです。

合流による新党結成を目指す
日本維新の会の橋下徹共同代表の
グループと東京都内で18、19両日に予定していた
「合宿」を延期したそうです。

橋下氏側が「多忙」を理由に
8月以降にするよう伝えてきたそうです。

合宿には橋下氏や結いの江田憲司代表も
参加予定だったそうです。

橋下、江田両氏が会談し、新党の名称や
綱領などについて協議する新党準備会の
立ち上げを発表する段取りも描いていたそうです。

9月上旬の新党結成を目指す考えに
変更がないことを強調したそうです。

政策が、本当に一緒なのか疑問だと
思います。
一緒になれるのでしょうかね。

経済は、同じようですが外交は
違うような気がします。
石原氏の新党もそれで、分かれましたからね。


|

カネボウの経営

カネボウ化粧品の美白化粧品を

使った人の肌がまだらに白くなる
白斑問題が続いています。
同社が対象商品の自主回収に
動き出してから4日で1年を迎えたそうです。
同社は当初、1年程度で症状が回復すると
見込んでいたが、被害者約1万9千人のうち、
ほぼ完治した7千人余りを除く約1万2千人に
いまだ症状が残っているそうです。
親会社の花王と抜本的な組織改革を行うなど
信頼回復を急いでいるそうです。
長びく白斑問題は経営に影を落としている。
かなり以前から、問題があったのに放置して
いましたからね。
症状がよくならないのですね。
カネボウだけだと、倒産していますね。
補償もあるでしょうから、まだかかりますね。

|

燃料電池車

水素と空気中の酸素との化学反応で

発生した電気でモーターを回す
燃料電池車(FCV)です。
トヨタ自動車は今年度内に、ホンダは
来年中に国内外の市場に投入するそうです。
ガソリン車のように排気ガスを出さず、
走行中に水しか排出しないため
「究極のエコカー」とも呼ばれています。
車体価格が700万~800万円と高額に
なるうえ、燃料の水素を補給する
「水素ステーション」が全国に6月時点で
19カ所しかないのが実情だそうです。
厳しい規制や高額投資がインフラ整備を
遅らせる要因といい、普及の壁と
なっているそうです。
マスコミって、馬鹿ですね。
だからよいのですよ。
誰でもできたら世界中の企業が参入します。
トヨタもホンダも、今、作れば、数年後には
量産体制が作れます。
量産技術を持っている企業が最後は
生き残れるのです。
ハイブリッドだって、どこのメーカーでも作れます。
でも、量産して利益をだすのが難しいのです。
水素ステーションだって、家庭でできるかも
知れませんよ。
どうなるかわかりません。
それが技術革新なのです。
          

|

SIMロックフリー版の「iPad」

アップルのオンラインストアで、
SIMロックフリー版の「iPad」の販売が
開始されたそうです。

「iPad」は、Wi-Fi版、そしてモバイル通信に
対応したWi-Fi+Cellular版が用意されて
いたものの、Wi-Fi+Cellular版は3キャリアで
のみ取り扱われてきたそうです。

いよいよSIMロックフリー版が登場しました。

「iPad Air」「iPad Retinaディスプレイモデル」
「iPad mini Retinaディスプレイモデル」「iPad mini」で
提供されるそうです。

直営店ではまだ扱われていないようで、
iPhoneのSIMロックフリー版が発売されたときと
同じく、オンラインストアで先行して取り扱いが
スタートしたそうです。

もっと早く、SIMロックをフリーにすべきでしたね。
でも、出来たのはよいことです。

これから、携帯やスマートフォンでも、できるように
なりますね。
消費者にとっては、選択の幅が広がってよいことです。


|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »