« すき屋が値上げ | トップページ | 中国のアフリカ不法移民 »

マクドナルド

マクドナルドがチキンの販売を再開したそうです。

仕入れ先だった中国の食品会社による
期限切れ食肉使用問題がおこりました。

日本マクドナルドは8日、一部店舗で品切れだった
鶏肉を使った3商品の販売を、11日までに
再開するそうです。
鶏肉加工品の輸入元を中国からタイに
完全に切り替えたそうです。

品切れだったのはいずれも鶏肉を使った
「チキンクリスプ」「チキンクリスプマフィン」
「チキンエッグマフィン」だそうです。

マクドナルドは7月25日以降、
鶏肉加工品に関してタイ製に一本化したそうです。
これまでは十分な材料が確保できず品切れとなって
いたが、タイの加工会社が増産することで、
安定供給できる態勢が整ったそうです。

でも、この事件で、マクドナルドの商品は、全部、
海外からの輸入ってわかりましたね。

中国産がタイ産になっても国民は、あまり変わらないと
思います。
国産でないと、ダメな人はもうマクドナルドには
いかないでしょうね。

外食産業は、原料の産地を表示すべきですね。

|

« すき屋が値上げ | トップページ | 中国のアフリカ不法移民 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事