« 中国のアフリカ不法移民 | トップページ | PS4の販売 »

日本企業の対外投資

日本貿易振興機構が7日に
発表したデータを引用した
中国の記事だそうです。

2013年における日本の対外直接投資は
前年比10.4%増の1350億ドル
(約13兆7770億円)になったそうです。
一方、中国への投資は32.5%減と
なったそうです。

日本の対中直接投資が減少する一方で、
東南アジア諸国連合(ASEAN)
諸国への投資は前年比2.2倍の
236億ドル(2兆4080億円)に
達したことを書いているそうです。

日本企業は経済成長が減速しつつある
中国よりも、東南アジア諸国を
重視していることを示すものだと
書いているそうです。

その背景には「日中関係の悪化」および
「中国の人件費上昇」があるそうです。

正しい記事ですね。
中国の記事は、歪曲しているのが
多いですが、まともとですね。

それだけ、日本企業が少なくなって
いると思いますよ。
リスクがありますからね。
戻ることはないでしょうね。

|

« 中国のアフリカ不法移民 | トップページ | PS4の販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事