« 日中韓のFTA交渉 | トップページ | 朝日新聞のコラム »

円安に

2日のロンドン、ニューヨーク外国為替市場です。

円相場は一時1ドル=105円台をつけたそうです。
1月10日以来、約8カ月ぶりの円安水準と
なりました。

背景には日米の金融政策の違いがあり、
波乱要因がなければ、さらに円安ドル高が
進むとの見方が強いそうです。
以前から多くの市場関係者が描いていた
「円安シナリオ」の現実味が増してきたそうです。

同日の東京市場で、午後5時現在は前日比
69銭円安ドル高の1ドル=104円83~85銭だったそうです。

ニューヨーク市場でもこの流れを引き継ぎ、
米東部時間午前10時10分現在、前週末比
92銭円安ドル高の1ドル=104円98銭~105円08銭
だそうです。

安倍晋三首相が3日に行う内閣改造の
影響もあるそうです。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
改革を主張してきた自民党の塩崎恭久氏が
厚生労働相に就任する可能性があるそうです。

いろいろな思惑で動きますね。
よくわかりませんが。

|

« 日中韓のFTA交渉 | トップページ | 朝日新聞のコラム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事