« 日本の対中印象 | トップページ | 自動不正送金 »

スマートフォン市場

スマートフォン市場の競争が

激しくなっているそうです。
世界のスマートフォン市場では今、
低価格を武器に中国メーカーが
じわじわとシェアを拡大しているそうです。

首位を走ってきた韓国のサムスン電子や
日本勢のソニーも販売が減速しているそうです。
成長市場のスマホでも地殻変動が起こっているそうです。

9日、アップルがカリフォルニア州で
新製品発表会を開きました。

米アップルのティム・クック最高経営責任者
(CEO)は、アップル・ウオッチの革新性や
デザイン性をアピールしたそうです。

アップルはスマホの大型画面化に遅れ、
米調査会社IDCの今年4~6月期の
出荷台数シェアが12%まで低下したそうです。
4年ぶりの新製品となるアップル・ウオッチは、
危機感の表れだそうです。

一方、存在感を増しているのが
中国メーカーだそうです。

世界シェアで昨年5位だった華為技術(ファーウェイ)が
3位に浮上したそうです。
4位の聯想集団(レノボ・グループ)もシェアを
伸ばしているそうです。
「赤いアップル」と呼ばれる小米科技(シャオミ)も、
斬新なデザインで若者の人気を集めているそうです。

競争が激しくなっています。
もう、スマートフォンはどこでも作れますからね。
中国企業が、勝ちそうですね。

|

« 日本の対中印象 | トップページ | 自動不正送金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事