« 田母神氏が新党 | トップページ | 北朝鮮 »

ノーベル賞候補に十倉氏

ノーベル賞候補に十倉氏が上がっているそうです。

米情報会社トムソン・ロイターは25日、
論文の引用回数の調査などに基づいて
独自に予想したノーベル賞の有力候補者27人を
発表したそうです。

日本人では物理学賞に理化学研究所の
十倉好紀・創発物性科学研究センター長(60)を
選んだそうです。

十倉氏は、電圧によって磁石の強度が変化
するという新しい性質を持つ「マルチフェロイック物質」を
発見したそうです。

その特殊な性質を説明する理論を提唱したそうです。
低消費電力の記憶素子の開発などにつながる可能性が
あるそうです。

よくわかりませんが、いいですね。
ノーベル賞に選ばれるとよいですね。

村上春樹氏は、どうなったのでしょうか。

|

« 田母神氏が新党 | トップページ | 北朝鮮 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事